譜面が真っ白な、世界一静かな曲。あなたは聴いたことありますか?

John Cage の『4’33″』という曲。

これも立派な曲なんです!!!

何もしてないのに、どや顔する演奏者も気になるし、

6:30に演奏が終わった後観客から拍手が贈られるのも気になる作品。

 

 

John Cage は、「沈黙」をも含めたさまざまな素材を作品や演奏に用いて、音楽の定義をひろげました。

「『音楽』という言葉を守りたいならそうしなさい。そして耳を通過するすべてのもののために、別の言葉を見つけてほしい。ノイズという意味のいくつかの言葉に煩わされるのは時間の無駄だ。実のところそれは演劇なのであって、我々はその中にいて、それをつくろうとしている。

と発言をしているJohn Cage。

なんだか哲学的。

ココロ笑ったらシェア

You may also like...