和楽器の演奏をデジタルアレンジし、日本の伝統を伝えるMV【伝統×テクノロジー】

イスラエルで活動するミュージシャン・音楽プロデューサー・映像作家であるKutimanの作品。

Kutiman(クティマン)は世界中の誰かがYouTubeにアップした無数の映像や、自ら撮影した映像を素材に、膨大な時間をかけてカット&ペースト&マッシュアップし、全く新しい作品を作り上げています。

彼は世界中で話題を呼び、Timeマガジンが選んだ「2009年のベスト50発明」に選ばれた程です。

 

このクティマンの「Thru City」プロジェクトでは、その街に暮らす色んなジャンルのミュージシャンたちの協力を得て、その街の騒音や風景を撮影、マッシュアップしてしまうことで今までになかった形でその街の奏でる音を表現しています。

今回の「クティマン・スルー東京」プロジェクトでは彼が一ヶ月間日本に滞在した時に撮影・録音した素材を元に制作された作品です。

外国人が見る視点で東京を眺めてみると、改めて日本の良さを感じますね。

ココロ踊ったらシェア

You may also like...