オーディオとガスバーナーが連動。音波と空気の振動に合わせて炎がバウンズするのが美しい。

3:39~からの炎と音の融合に見とれてしまいます。

 

デンマークのFysikshowというグループが制作した「Pyro Board」という機械。

音の強弱やリズムに連動して、音楽を視覚的に表現する新しいヴィジュアライザーですね。

 

いくつもの穴があいているパイプの中にガスを入れ、周波数発生器を置き、上から火をつけてスピーカから音を流すと、その振幅が最小になるところと最大になるところに起伏が生まれ、視覚的に音を表現する機能を果たすという仕組みになっています。

「Pyro Board」はその仕組みを応用し、2,500個ものガスバーナーを正方形に並べ、スピーカーを下部に置くことで、視覚的な美しさを構築しました。

ライヴの演出につかったら視覚的に面白いかもしれませんね。

ココロ踊ったらシェア

You may also like...