フランスの少年が39曲も組み合わせて、演奏した楽曲が凄い!

こんな素敵な楽曲を作成したのは、Madeonことユーゴー・ピエール・ルクレル

1994年5月30日、フランスのナントに生まれ、僅か11歳から作曲活動をはじめ、一昨年のSONICMANIAで初来日しました。

この楽曲は、マッシュアップという、2つ以上の曲から片方はボーカルトラック、もう片方は伴奏トラックを取り出して、それらをもともとあった曲のようにミックスし重ねて一つにした手法を利用して演奏する手法によってつくられています。

ココロ踊ったらシェア

You may also like...