ヤマハが開発したデジタル楽器「TENORI-ON」が超未来的!

「TENORI-ON」は、メディアアーティスト岩井俊雄とヤマハとのコラボレーションによって制作された21世紀の音楽インターフェース。

16×16個のLEDボタンを使って、音楽の知識がなくても視覚的・直感的に作曲/演奏することが可能です。

 

音楽の知識がなくても視覚的・直感的に作曲・演奏することが可能なので、楽譜が読めず、楽器が苦手だという人も、音楽を楽しむことができます。

ココロ踊ったらシェア

You may also like...