人間を超えたロボットの演奏に心動かされる。

演奏しているのは、なんとロボット!

人間の身体能力の限界を超えた高度な音楽パフォーマンスの実現を目指し、3 体のロボットで構成されたバンド、Z-MACHINESの映像です。

 

メンバーのマッハ君は2台のギター、78本の指、12個ピックを携えているため、人間には不可能な高速演奏もできてしまうという強者。

アシュラ君は22台ものドラムを操る超絶技巧の持ち主で、目がライトになっていて、オーディエンスを照らすこともできるそう。

 

 

 

あなたは、エモーショナルな演奏は人間にしかできないと思いますか?

将来は、ロボットの演奏に心を動かされ、ロボットに歓声をあげることになるかもしれない。

ココロ踊ったらシェア

You may also like...