【新曲レビュー】セカイイチ「Empty」

セカイイチ「Empty」

3rd mini album 「Anaheim Apart」収録曲

2014.10.15 リリース!!

 

今年の夏に設立された主宰レーベルからの第一弾作品としてリリースされる3rd mini album「Anaheim Apart」に収録されているこの楽曲。セカイイチがリスナーを仕留めに来たかのように、非常に計算高く、彼らの研ぎ澄まされた音楽センスが凝縮されたような1曲になっているが、どこまでも自然体であるように聴こえてくるから不思議だ。

 

シティーポップ調のサウンドとソリッドなビートが絡み合い、時折入るシンセの音がモダンな雰囲気を演出し、とにかくどこまでも心地よい。彼らの年月とともに形成されてきた多彩な音楽の引き出しを感じることができる。セカイイチはとても懐の深いバンドだ。

 

ところが、その歌詞は少しひねくれている。ボーカル・岩崎の物事の本質をとらえる鋭い視線で見た“今”という時代を「見つめてろ大事なもの 瞬きのすきに逃げてく」「投げてみろ やれるもんならば 可愛い自分が手放せない」「結局さ ちぐはぐな俺にはうまく生き抜くすべを持たないまま 理解者を探してくとほうのない道しか選べない」と生きづらく、確かなものは何もない、結局はみんな自分のことしか考えていないのだと歌っている。しかし、その一方で、「丸裸になり 君の本性に触れたい」とサビでは歌う。むしろ、こんな不安定な時代だからこそ、自分の存在を確固たるものにするために、人は理解されたいと思い、繋がっていたいと思い、愛されたいと思うのだろう。だから、不器用な“俺”は途方のないことだと知りながらも、理解者を探そうとするのだ。

 

この楽曲は、まぎれもなく、“今”という時代に生きる“俺”と称された私、あなたの真実だと私は思う。この楽曲の裏には、「君の答えは君しか知らない」という歌詞に象徴される「人は決して完全に分かり合うことはできない」というイデオロギーがある。それでも、人は諦められずに手を伸ばすのだ。なんて人間臭く、愛しい歌詞だろう。今、世界一、私やあなたの近いところで鳴っているのは、このセカイイチの音楽かもしれない。

 

 

You may also like...