「枯葉」の名曲5選【J. コズマ/ドビュッシー/SKE48/ジローズ/イルカ】

秋はちょっと肌寒くて人恋しい、なんとなく寂しい季節。 今回の特集では、そんな秋の物悲しさに寄り添ってくれる「枯葉」を題材にした5曲をご紹介します。


Autumn Leaves


いわずとしれたジャズのスタンドナンバー。1945年にジョゼフ・コズマが作曲し、原題はフランス語の「Les Feuilles mortes」というシャンソンの名曲でもあります。


ドビュッシー/前奏曲集第二巻 第二曲“枯葉”


クロード・ドビュッシーの前奏曲集第二巻の2曲目におさめられた“枯葉”。 3分ほどの短い曲ですが、オクタトニックを多用した曲としても有名です。

オクタトニックとは、全音と半音を交互に積み重ねた8つの音を使って音階にしています。通常はドレミファソラシの7音なわけですから、より密度の濃い、そして同じパターンの積み重ねであるためにつかみどころのない抽象的な感じがします。


枯葉のステーション


SKE48松井玲奈の歌う「枯葉のステーション」は演歌調の渋い歌謡曲。 動画はフランス語でのカバー。これはこれで・・・とても良い!!


枯葉のシーズン/イルカ


人恋しい季節にはなればなれになってしまった“あなた”を思って歌われる曲です。


枯葉の中で/ジローズ


「戦争を知らない子供たち」でヒットしたフォークデュオ「ジローズ」の歌です。枯葉の中でを聴くと、なんだかホッとしますね。 ↓の動画も心温まる素敵なカバーです。

You may also like...