新世紀エヴァンゲリオンの歌詞や曲情報

庵野秀明および製作会社のGAINAXが原作として制作されたTVアニメで、1995年10月~1996年3月の間に26話が放送されました。
放送当初、マニアの間に設定・デザイン・展開などで大きな話題を呼びましたが、最終話に至っても、物語の謎は明かされないままで、物語の結末も正面から描いたものではなかったため賛否両論の話題を呼びました。
その声に応えるように、TV版の総集編と正面から描かなかった25・26話を作り直した劇場版アニメーション「シト新生」「Air/まごころを、君に」が制作されました。
劇場版制作当初、完全新作アニメーションの制作も発表されていましたが叶わず、ここでエヴァンゲリヲンの物語は一旦終了することになりました。
しかし劇場版の終結から10年が経過した2007年に劇場用映画4部作の新たなるエヴァンゲリヲンの制作を発表。
2007年に1作目「序」、2009年に2作目「破」、2012年に3作目「Q」そして現在、公開日は未定の4作目が制作中とされています。
3作目の主題歌は2010年から活動無期限停止を発表していた宇多田ヒカルの「桜流し」で、彼女の本作品への強い思い入れが主題歌担当を実現しました。