アーティストの歌詞や曲情報

女性アーティスト

こちらは女性アーティストの一覧ページです。女性アーティストの歌詞や楽曲情報をお探しの方はこちらからご覧ください。

バンド

こちらはバンドの一覧ページです。バンドの歌詞や楽曲をお探しの方はこちらからご覧ください。

男性アーティスト

こちらは男性アーティストの一覧ページです。男性アーティストの歌詞や楽曲をお探しの方はこちらからご覧ください。

アイドル

ここではアイドルの一覧です。女性アイドルや男性アイドルの情報を扱います。グループはもちろんのこと、ソロのアイドルもこちらで扱います。アイドルが好きな方はこちらから楽曲や歌詞の情報を探してみてください。きっとお好きなアイドルが見つかるはずです。

ボーカロイド、ボカロP

こちらはボーカロイド、ボカロPカテゴリです。ボカロ曲をご紹介しています。

平野 綾

平野綾(ひらの あや、1987年10月8日)は日本の声優、女性歌手。愛知県出身。Grick所属。2001年にテレビアニメ「天使のしっぽ」のサルのモモ役で声優デビュー。大ヒットしたテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の主役・涼宮ハルヒ役が初アニメ初主演となる。
2007年にはその活躍が評価され、第一回声優アワードにて新人女優賞、第六回東京アニメアワードにて声優賞を受賞している。2006年3月にシングル「Breakthrough」で歌手デビューを果たした。出演したアニメの役名義のシングルも多くリリースされている。

秋元 順子

秋元順子(あきもと じゅんこ、1947年6月21日)は日本の女性歌手。東京都出身。キングレコード所属。高校卒業後、仕事の傍らハワイアンバンドで活動を行っていたが、結婚を機に音楽活動から離れる。子育てから手が離れた頃、再びバンド仲間に声をかけられ音楽活動を再開する。2004年4月に「マディソン郡の恋」でインディーズデビュー。発売後からその伸びやかで深い歌声が評判となり、2005年7月にメジャーデビューを果たす。ルーツはハワイアンバンドであるが、シャンソンやラテン、ポップス、民謡など、彼女のジャンルを問わない自由なスタイルも魅力の一つ。

AI

AI(あい、1981年11月2日)は日本のシンガーソングライター。アメリカ生まれ、鹿児島県育ち。ユニバーサルミュージック所属。2000年11月にシングル「Cry, just Cry」でメジャーデビュー。ゴスペルをルーツに持つ彼女の音楽はブラックミュージックからPOPSまでバラエティにとんだテイストが盛り込まれている。「みんながアガる音楽」をコンセプトに掲げる彼女は、フレンドリーな人柄やソウルフルな歌声によって多くの人を巻き込んでいくパワーがあり、今や日本からアジアへ、アジアから世界へと活動を展開している。「夢はグラミー賞」。

May’n/中島愛

May’n(めいん、1989年10月21日)は日本の女性歌手。愛知県出身。FlyingDog所属。旧芸名・中林芽衣の名で2005年6月にシングル「Crazy Crazy Crazy」でデビュー。
中島愛(なかじま めぐみ、1989年6月5日)は日本の声優、女性歌手。茨城県出身。スターダスト音楽出版所属。2009年1月にリリースされたシングル「天使になりたい」で歌手としてデビュー。
2008年に放送されたテレビアニメ「マクロスF」にて、May’nはシェリル・ノームの歌パート役として、中島愛はランカ・リー役として出演し、「マクロスF」18話目からオープニングテーマ「ライオン」でそれぞれの劇中の役としてデュエットを果たしている。

アンジェラ・アキ

アンジェラ・アキ(あんじぇら・あき、1977年9月15日)は日本の女性シンガーソングライター。徳島県出身。エピックレコード所属。2005年9月にシングル「HOME」でデビュー。日本人の父とイタリア系アメリカ人の母を持つ。3歳からピアノを始め、15歳の時にハワイへ渡り、大学時代までをアメリカの地で過ごす。2006年12月には日本武道館史上初のピアノ弾き語りライブを行う。世代を超えて愛される歌声と、メッセージ性の強い歌詞を力強くも優しいピアノに乗せて奏でる彼女の音楽は、同世代の女性を中心に多くの人を魅了している。

きゃりーぱみゅぱみゅ

きゃりーぱみゅぱみゅ(1993年1月29日)は日本の女性歌手、ファッションモデル。東京都出身。アソビシステム所属。アーティストとしては2011年8月17日に中田ヤスタカプロデュースのもと、ミニアルバム「もしもし原宿」をリリースし、メジャーデビューする。モデルとしては2009年秋にファッション雑誌「KERA」のストリートスナップに登場し、読者モデルとして本格的に活動を始め、2012年にはORICON STYLEが発表した「好きな読者モデル」ランキングで1位にランクインしている。明るく、自由奔放な彼女は個性的なライブパフォーマンスや衣装を通して、原宿発信の「KAWAII」を日本の新しい代表的カルチャーとして最前線で世界に発信している。

浜崎 あゆみ

浜崎あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日)は日本の女性歌手、モデル。福岡県出身。エイベックス・マネジメント所属。1993年にTVドラマ「ツインズ教師」で女優としてデビュー。その後、グラビアアイドルやAYUMI名義の音楽活動を経て、1998年4月にシングル「poker face」をリリースし、浜崎あゆみとして歌手デビューを果たす。1999年1月にリリースした1stアルバムがオリコンアルバムチャートで1位を獲得したのを皮切りに、次々と楽曲が大ヒットし、同年の「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たす。その類い稀な女性歌手としてのカリスマ性は一気に花開き、2001年から三年連続で日本レコード大賞の大賞に輝いている。また、ファッションシーンでもそのカリスマ性を発揮しており、ベストジーニスト一般選出部門、ネイルクィーンにおいて殿堂入りを果たしている。

木村 カエラ

木村カエラ(きむら かえら、1984年10月24日)は日本のシンガーソングライター、ファッションモデル。東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。学生時代はファッション雑誌などのモデルの仕事をしながら、バンド活動を行っていた。2004年6月にシングル「Level 42」でメジャーデビュー。2005年3月にリリースされた3枚目のシングル「リルラ リルハ」がソフトバンクモバイルのテレビCMソングに起用され、瞬く間にその名が広まった。また、ライブ活動を精力的に行っており、ワンマンツアーのみならずフェスやイベントにも積極的に参加している。カラフルでポップな彼女のキャラクターイメージと優しさと活発さを兼ね備えたその歌声は、ジャンルの壁を越えて多くの人々に愛されている。2014年にデビュー10周年を迎えた。

絢香

綾香(あやか、1987年12月18日)は日本の女性シンガーソングライター。大阪府出身。A stAtion所属。2006年2月に「I believe」でデビュー。この楽曲はTBS開局50周年記念テレビドラマ「輪舞曲」の主題歌に採用され、オリコンシングルチャートで初登場3位を獲得する。また、同年9月にリリースされたシングル「三日月」で第58回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。伸びのある柔らかな歌声は、同世代の女性を中心に多くの支持を得ている。

倖田 來未

倖田來未(こうだ くみ、1982年11月13日)は日本の女性歌手。京都府出身。エイベックス・マネジメント所属。2000年11月に日本に先駆けてアメリカでシングル「TAKE BACK」を「KODA」名義でリリースし、全米で先行デビューを果たす。その後、12月6日に同局で日本でもデビュー。彼女自身も友情出演している映画「キューティーハニー」の主題歌「キューティーハニー」のカバー曲でヒットし、曲に合わせたセクシーな衣装で各メディアに出演していたため、彼女の「エロかっこいい」スタイルが話題になる。日本レコード大賞や日本ゴールドディスク大賞で数多くの賞を受賞している他、ネイルクィーン「アーティスト部門賞」での殿堂入り、日本ジュエリーベストドレッサー賞2007「20代部門賞」受賞など、ファッションアイコンとしても活躍している。

miwa

miwa(みわ、1990年6月15日)は日本の女性シンガーソングライター。神奈川県出身。Sony Records所属。2010年3月にシングル「don’t cry anymore」をリリースし、メジャーデビュー。この楽曲はフジテレビ系ドラマ「泣かないと決めた日」の主題歌に起用され、第64回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でドラマソング賞を受賞した。彼女の飾らない素直な歌詞と柔らかくも強い意志が宿る歌声は若い世代を中心に人気を集めている。ライブでは、ほとんどの楽曲をギターで演奏しているが、2歳からピアノを習っていたこともあり、ピアノで演奏する姿も披露している。

石川 さゆり

石川さゆり(いしかわさゆり、1958年1月30日)は日本の演歌歌手。熊本県出身。テイチクエンタテイメント所属。1973年3月に「かくれんぼ」で歌手としてデビュー。当初、アイドルとしてデビューしたものの、大きな人気を得るには至らなかった。しかし、1977年1月にリリースした「津軽海峡・冬景色」が大ヒットすると、日本レコード大賞歌唱賞を受賞し、その後も数々の名曲を発表。彼女は一躍、日本を代表する演歌歌手となった。また、「津軽海峡・冬景色」のヒットを経て初出場を果たしたNHK紅白歌合戦には、2013年の第64回まで30回連続出場をしていることからも、彼女が長年愛され続けていることがうかがえる。

LiSA

LiSA(りさ、1987年6月24日)は日本の女性歌手。岐阜県出身。アニプレックス所属。2010年春より放送されたTVアニメ「Angel beats!」に登場するバンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカリスト・ユイの歌唱パートに抜擢される。同バンド名義でリリースされたシングル・アルバムは全てオリコンランキング上位に入り、人気を集めた2011年4月にミニアルバム「Letters to U」をリリースし、ソロデビュー。2014年1月に日本武道館で行われた単独ライブのチケットは日程が年始であるにもかかわらず、あっという間にソールドアウトするなど、勢いのある力強い彼女の歌声は多くの人を魅了している。

西野 カナ

西野カナ(にしの かな、1989年3月18日)は日本の女性歌手。三重県出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。2008年2月にシングル「I」でメジャーデビュー。小学5年生の時にグアムで、高校1年生の時にロサンゼルスでホームステイの経験を持ち、ロサンゼルスからの帰国後は、洋楽に傾倒し、その影響はカップリング曲やアルバム曲の英語詞を多く取り入れたクラブ系やR&B系の楽曲にうかがえる。シングル曲では自身や友人の経験談をもとに書かれるリアルな恋愛観を綴った歌詞が女性ファンを中心に人気を集めている。また、ファッション誌の表紙を飾るなど、ファッションアイコンとしても支持を集めている。

Superfly(内国)

Superfly(すーぱーふらい、2004年‐)は日本の女性ソロユニット。タイスケ所属。ボーカルの越智志帆(おち しほ)とギターの多保孝一(たぼ こういち)による、音楽ユニットとしてデビューしたが、2007年に多保がコンポーザー、アレンジャーの仕事に専念するため、越智のソロユニットとなった。ユニット名は多保が高校時代にテレビで見て衝撃を受けたカーティス・メイフィールドの「Superfly」に由来している。大学で知り合った多保の影響でロックやブルースをルーツに持つ越智はライブでは、パワフルで深みのあるボーカル以外にギターやピアノ、ブルースハープなども演奏するオールマイティーな一面を持つ。2008年にリリースした「愛をこめて花束を」を中心に、J-popシーンに独自のスタイルで挑戦し続ける彼らの音楽は幅広い年代の人々に愛されている。

椎名 林檎

椎名林檎(しいな りんご、1978年11月25日)は日本の女性シンガーソングライター。福岡県出身。ユニバーサルミュージック/EMI Records Japan所属。1998年5月27日シングル「幸福論」でデビュー。学生時代には20以上ものバンドを掛け持ちして活動していたことからも彼女の表現者としての計り知れないパワーが覗える。2007年には初の音楽監督を務めた映画「さくらん」が日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。また、2004年から2012年まで活動していた東京事変ではボーカルを務め、多くのファンを魅了してきた。彼女が作り出す自由でドラマチックな音楽と彼女の唯一無二の魅力的な歌声は若い世代を中心に多くの人に愛されている。

大塚 愛

大塚愛(おおつか あい、1982年9月9日)は日本の女性シンガーソングライター。また、バンドグループ・Rabbit(らびっと、2012年-)のボーカル。大阪出身。avex trax所属。2003年9月に「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。長年ピアノのレッスンを受けていたこともあり、15歳から作詞作曲を始め、デビュー前にすでに60曲以上のオリジナル曲があった。彼女の女性らしい優しく、可愛らしい歌声は女性を中心に多くの人に愛されている。自身のCDの特典用に絵本を書き下ろしたり、CDジャケットのイラストを手掛けるなど、イラストレーターとしても活動している。

aiko

aiko(あいこ、1975年11月22日)は日本の女性シンガーソングライター。大阪出身。ポニーキャニオン所属。デビュー以前にはFM Osakaの「COUNTDOWN KANSAI TOP40」のパーソナリティーを経て、3つのラジオ番組のパーソナリティーを務めながら、数々の音楽コンテストに出場していた。その音楽活動がポニーキャニオンの音楽プロデューサーの目に留まり、メジャーデビューの話が進む。1998年7月にデビューシングル「あした」は映画「新生トイレの花子さん」の主題歌に起用され、話題となる。翌年、1999年には3rdシングル「花火」が長期にわたりオリコンランキングにチャートインし、全国区にその名が広まるきっかけとなる。その後、キャッチーなメロディーと女性らしいストーリー性のある歌詞が若い世代の心を掴み、日本のポップスシンガーのスタンダード的な存在として、圧倒的な支持を得ている。

藤宮 香織

藤宮香織(ふじみや かおり、声優:雨宮天)はTVアニメ「一瞬間フレンズ。」の作中のヒロイン。同アニメのエンディングテーマとして、スキマスイッチが2004年にリリースした「奏」をカヴァーしている。同アニメは、主人公・長谷祐樹(はせ ゆうき)と小学校時代の事件が原因で、1週間しか友人との記憶を留めておくことができなくなってしまったクラスメイト・藤宮香織の心の交流と交差する二人の温かくも切ない想いを描いた学園ストーリー。声優・雨宮天の等身大で優しい歌声はストーリーに深みを与え、作中の藤宮香織のキャラクターもより豊かなものにしている。

スフィア

スフィア(すふぃあ、2009年-)は日本の女性声優4人によるユニット。GloryHeaven所属。メンバーは寿美菜子(ことぶき みなこ)、高垣彩陽(たかがき あやひ)、戸松遥(とまつ はるか)、豊崎愛生(とよさき あき)。4人とも2005年から2006年に開催された「ミュージックレイン スーパー声優オーディション」の合格メンバーであり、最終審査では高垣と戸松が、寿と豊崎が同組であった。その後、ミュージックレインgirlsとして4人でライヴを行い、2009年に正式にユニットとして結成された。同年、4月にシングル「Future Stream」をリリースし、CDデビュー。声優として活躍する一方で、歌手としても人気を集める話題の4人組。

中島 みゆき

中島みゆき(なかじま みゆき、1952年2月23日)は日本のシンガーソングライター。北海道出身。ヤマハミュージックアーティスト所属。1975年9月にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。デビュー前から精力的な音楽活動を行っており、早くから地元では多くのファンを獲得していた。また、デビュー当初から、様々なコンテストでグランプリを獲得し、翌年には歌手の研ナオコに提供した楽曲が大ヒットした事により、ミュージシャンとしての地位を確固たるものにした。オリコンシングルチャートにおいて、4つの年代にわたって1位を獲得した唯一のソロアーティストである。また、他のアーティストへの提供曲も5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得していることから、彼女のシンガーソングライターとしての計り知れない器の大きさがうかがえる。現在も根強い支持を受ける日本歌謡界の大御所アーティストである。

宇多田 ヒカル

宇多田ヒカル(うただ ひかる、1983年1月19日)は日本の女性シンガーソングライター。アメリカ合衆国・ニューヨーク州出身。EMI Records Japan所属。1998年12月にシングル「Automatic/time will tell」でデビュー。デビュー以前にU³(父:宇多田照實、母:藤圭子とのファミリーユニット)名義などでシングル、アルバムをすでにリリースしている。アメリカでのソロデビューが決まっていたが、東京のスタジオでレコーディングしていた時に、日本の音楽プロデューサーの熱心な説得により、「宇多田ヒカル」としてデビューすることを決意した。ポロモーションはラジオ出演のみだったにもかかわらず、2ミリオンを記録する。その後も日本だけでなく世界に活躍の場を持ち、絶大な支持を得ている。楽曲はほぼ全ての作詞・作曲・編曲を行っている。様々なジャンルのアーティストをルーツに持っており、宇多田自身もR&Bからポップス、バラードなど幅広いジャンルの楽曲を手掛けている。

やなぎなぎ

やなぎなぎ(1987年5月31日)は日本の女性シンガーソングライター。関西出身。インクストゥエンター所属。中学の頃から作曲を始める。2006年からウェブサイト「プレイヤーズ王国」にてアマチュアの音楽活動を開始し、「ガゼル」という名義で動画サイト「ニコニコ動画」にも動画を投稿している。2008年には動画サイトでの活動を引退し、「nagi」という名義でクリエーター集団・supercellのゲストボーカルを務めた。2012年2月にシングル「ビードロ模様」をリリースし、ソロデビューを果たす。声域の広い柔らかく、澄んだ歌声で多彩な音楽活動を行っている。

高橋 洋子

高橋 洋子(たかはし ようこ、1966年8月28日)は日本の女性歌手。東京都出身。アトミックモンキー所属。1991年「P.S.I miss you」でソロ歌手としてメジャーデビュー。この2か月前にシングル「おかえり」をリリースしているが、「P.S.I miss you」を「本格的なソロ・デビュー」としている。広い声域を活かした、時に激しく、時に伸びのある優しい歌声で様々なジャンルで活躍している。松任谷由実や今井美樹などのコーラスを務めたこともある。

岩崎 良美

岩崎良美(いわさき よしみ、1961年6月15日)は日本の女性歌手。東京都出身。ノックアウト所属。1980年2月に「赤と黒」で歌手デビュー。デビュー当初は、当時のアイドル歌手全盛期の中では珍しかった洋楽志向の音楽性を活かした楽曲が多かったが、第6回日本テレビ音楽祭最優秀新人賞、日本レコード大賞新人賞を受賞するなど、着実に歌手としての地位を築いていった。代表曲となっているアニメ「タッチ」のオープニングテーマ「タッチ」はそれまでとは大きく路線を変えた作品になっており、彼女の伸びのある歌声とアニメの人気も相まって大ヒットした。また、彼女は女優としても活動しており、舞台やテレビドラマ、ラジオなど様々なメディアで活躍している。

夏川 りみ

夏川 りみ(なつかわ りみ、1973年10月9日)は日本の女性歌手。沖縄県出身。ポニーキャニオン所属。1999年5月にシングル「夕映えにゆれて」でデビュー。幼い頃から歌が好きだった彼女は、9歳の時に出場した石垣ケーブルテレビ主催「第1回ちびっこのど自慢大会」で優勝すると、全国の音楽大会で数々の賞を受賞するようになる。1986年中学1年生にして第10回「長崎歌謡祭」に出場し、史上最年少でグランプリを獲得し、1989年に星美里の名で演歌歌手としてデビュー。しかしヒットに恵まれず、1996年に引退する。1999年に夏川りみとして再デビューすると、2001年3月にリリースした3rdシングル「涙そうそう」が大ヒットし、一躍有名となった。幼い頃から鍛えられた、力強く美しい伸びが特徴の彼女の声はオリジナル曲、カバー曲問わず、リスナーの心を掴んで離さない。

フェアリーズ

フェアリーズ(2011年-)は日本の女性ダンスボーカルグループ。ヴィジョンファクトリー所属。メンバーは、井上理香子(いのうえ りかこ)、野元空(のもと そら)、伊藤萌々香(いとう ももか)、林田真尋(はやしだ まひろ)、藤田みりあ(ふじた みりあ)、下村実生(しもむら みき)、清村川音(きよむら かわね)。2011年9月にシングル「More Kiss/Song for You」をリリースし、デビュー。グループのコンセプト「海外でも勝負していける、世界に通用する実力派グループ」の通り、中学生ながらも、高いパフォーマンス力で話題となり、同年12月に行われた「第53回日本レコード大賞」では最優秀新人賞をメンバー平均年齢13.6歳で受賞した。

YUI

YUI(ゆい、1987年3月26日)は日本の女性シンガーソングライター。福岡県出身。スターダストプロモーション所属。2005年2月23日にシングル「feel my soul」でメジャーデビュー。この曲は、フジテレビ系ドラマ「不機嫌なジーン」の主題歌に起用された。2006年6月に公開された松竹系映画「タイヨウのうた」に主演として出演した経験もある。真っ直ぐな独特の歌声でパンチのあるポップな曲から女性らしい優しい歌詞の曲まで奏でる彼女の人気は強く、同世代を中心に幅広い世代に絶大な支持を得ている。2012年にYUIとしての活動を休止し、現在はロックバンド「FLOWER FLOWER」のギターボーカル、「yui」として活動している。

Aimer

Aimer(えめ、2011年-)は日本の女性シンガーソングライター。プロフィールは非公開。FOURseam所属。幼少期より両親の影響で音楽に親しみピアノやギターでの音楽活動を早くから行っていた。15歳の頃、のどの酷使により突如声が出なくなるも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を取り戻す。その後、彼女の歌声が密かに話題となり、2011年より、音楽制作プロダクションagehaspringsの下で本格的に音楽活動を始める。同年9月にはシングル「六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR」をリリースし、メジャーデビューを果たす。その後も様々なアーティストからの評価を得て、多くのタイアップ曲も手掛けている。

水森 かおり

水森かおり(みずもり かおり、1973年8月31日)は日本の演歌歌手。東京都出身。徳間ジャパンコミュニケーションズ所属。1995年9月にシングル「おしろい花」でデビュー。2003年には「鳥取砂丘」が大ヒットし、同年の「NHK紅白歌合戦」初出場から10年連続出場を果たした。彼女の楽曲は特定の地域や場所を歌うものが多く、タイトルもその地域や場所の名前を取り入れたものが多いことから、「ご当地ソングの女王」という異名もある。そのため、彼女の元には、地元を歌ってほしいという依頼が後を絶たない。また、各地の観光大使などにも任命されて取り、日本全国に愛され続けている。

安室 奈美恵

安室奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日)は日本の女性歌手、ダンサー。沖縄県出身。Dimension Point所属。1995年4月にシングル「太陽のSEASON」をリリースし、ソロデビュー。さらに、同年10月にリリースした1stアルバムはミリオンセラーを記録し、12月にリリースしたシングル「Chase the Chance」でもミリオンセラーを記録した。また、この年の「NHK紅白歌合戦」に当時女性ソロシンガー最年少で出場している。10代のソロシンガーとして多くの記録を塗り替えてきた彼女は、この頃から、若者のファッションリーダーとしても頭角を現し、10代のカリスマとなる。その後も精力的な活動を続け、2009年12月にリリースした9枚目のアルバム「PAST < FUTURE」はアジア5か国・地域でアルバムチャートの首位を記録し、日本人女性アーティスト史上初の快挙を成し遂げた。2012年にはデビュー20周年を迎え、今や、日本を代表する女性シンガーとして、海外からも注目されている。

一青 窈

一青窈(ひととよう、1976年9月20日)は日本の女性歌手。音楽活動の傍ら、作詞家、俳優としても活動している。東京都出身。株式会社 大家所属。2002年にシングル「もらい泣き」でデビュー。なお、このシングルで2003年に日本有線大賞最優秀新人賞、ベストヒット歌謡祭最優秀新人賞を受賞している。台湾人の父と日本人の母の間に生まれ、幼少期を台北で過ごした。そのため、日本語、英語、中国語を話せるトライリンガルである。彼女の深く優しい歌声は日本だけでなく、もう一つの故郷台湾でも愛されている。

AKINO

AKINO(あきの、1989年12月31日)は日本の女性歌手。アメリカ生まれの沖縄育ち。川満アート・テイメント所属。実の4人兄妹で構成されたコーラス・ダンスグループ、bless4のメンバー。2005年4月にテレビ東京系アニメ「創聖のアクエリオン」の主題歌「創聖のアクエリオン」でソロデビュー。柔らかなハイトーンヴォイスで歌い上げられたこの楽曲で、2009年度「JASRAC賞」銀賞を受賞している。Bless4ではファッションデザイン、衣装制作を担当しており、ファンの注目を集めている。

中島 美嘉

中島美嘉(なかしま みか、1983年2月19日)は日本の女優、女性歌手。鹿児島県出身。ソニーミュージックアソシエイテッドレコーズ所属。2001年にフジテレビ系テレビドラマ「傷だらけのラブソング」のヒロインに抜擢され女優デビューを果たし、また、このドラマの主題歌「STARS」を11月にリリースして歌手デビューを果たす。発売後1か月経たずにミリオンセラーを記録した2003年11月リリースの2ndアルバム「LØVE」は、韓国でもリリースされ、大ヒットした。彼女の透き通った深みのある歌声は女性を中心に多くの人を魅了している。

鈴木 このみ

鈴木このみ(すずき このみ、1996年11月5日)は日本の女性歌手。大阪府出身。メディアファクトリー所属。2011年に開催された「アニマックス第5回全日本アニソングランプリ」において、当時若干14歳にもかかわらず、優勝。2012年4月にはシングル「CHOIR JAIL」でデビューを果たした。また、この楽曲はTVアニメ「黄昏乙女×アムネジア」のオープニングテーマに起用された。パワフルで聴く人を思わず笑顔にしてしまうような明るい歌声と、キレのあるダンスパフォーマンスが特徴のアニソンシンガー。

喜多村 英梨

WING所属。幼い頃は、子役として活動していた経験もある。2003年にポニーキャニオン主催の「VSオーディション2003」に参加し、グランプリを獲得すると、同年TVアニメ「LAST EXILE」のタチアナ・ヴィスラ役で声優デビューを果たす。翌年、2004年には自身も出演したTVアニメ「マーメイドメロディ ぴちぴちピッチ ピュア」のオープニングテーマ「Before the Moment」で歌手デビューを果たした。その後、キャラクター名義、本人名義だけではなく、ARTERY VEINという声優ユニットとしても音楽活動を行っており、その活躍は多岐にわたる。

HY

HY(えいちわい、2000年‐)は日本のバンドグループ。メンバーは、新里英之(しんざと ひでゆき、ボーカル・ギター)、名嘉俊(なか しゅん、ドラム)、許田信介(きょだ しんすけ、ベース)、仲宗根泉(なかそね いずみ、キーボード・ボーカル)、宮里悠平(みやざと ゆうへい、ギター)。UNIVERSAL J所属。高校の同級生である新里、名嘉、許田、宮里に名嘉の従兄妹である仲宗根を加えたメンバー5人とも、沖縄県うるま市出身。グループ名は彼らの地元、東屋慶名(Higashi Yakena)の地名が由来となっている。現在も沖縄に在住し、「沖縄から世界へ!」という言葉を掲げている。主に若者の目線から書かれたメッセージやラヴソングを男女ツインボーカルにラップを重ねて歌う。毎回大変な盛り上がりを見せるライブも彼らの大きな魅力の一つ。

レミオロメン

レミオロメン(れみおろめん、2000年‐2012年(活動休止中))は日本のスリーピースバンド。メンバーは藤巻 亮太(ふじまき りょうた、ヴォーカル・ギター)、前田 啓介(まえだ けいすけ、ベース)、神宮司 治(じんぐうじ おさむ、ドラム)。烏龍舎所属。メンバー三人とも山梨県出身で、小学校、中学校、高校の同級生である。2005年12月から三年間、山梨県の観光大使にも認定されている。高校時代は三人ともブラスバンド部に所属していたが、当時文化祭などのために三人で組んでいた、「おさむさんバンド」の活動に専念するために退部している。また、現在のバンド名に意味はなく、三人でじゃんけんをし、勝った順に一文字、二文字、三文字の好きな文字をつなげて作ったことで知られている。

シド

シド(SID、2003年‐)は日本のヴィジュアル系ロックバンド。MAVERICK D.C. GROUP所属。メンバーは、マオ(まお、ボーカル)、Shinji(しんじ、ギター)、明希(あき、ベース)、ゆうや(ドラム)。マオを中心に明希と結成され、後にサポートメンバーであったShinjiとゆうやが正式に加入して現在の4人編成となる。作詞はほぼ全てをマオが担当し、作曲はShinji、明希、ゆうやがそれぞれ担当しており、三人三様の作曲を行っている。そのため、彼らのは優しく切ないバラードからキレのあるロックナンバーまで幅広いが、どんな曲調の楽曲であっても、シドの音楽として鳴らすことができるのが彼らの大きな魅力となっている。

シャ乱Q

シャ乱Q(しゃらんきゅー、1988年-2000年、2006年-)は日本のバンドグループ。Zetima所属。メンバーは、つんく♂(ボーカル)、はたけ(ギター・リーダー)、まこと(ドラム)、たいせい(キーボード)。地元大阪で活動していたアマチュアバンド「シャッターズ(まこと所属)」、「乱(つんく♂、たいせい所属)」、「QP(はたけ所属)」のメンバーが集まり、活動を始める。たいせい以外のメンバーの成人の日にメンバーが所属していたバンドのバンド名からそれぞれ一文ずつ取った「シャ乱Q」という名で初ライブを行う。メジャーデビュー後、いくつものミリオンヒットを記録するも、2000年に音楽の方向性の違いが生じたことによる活動休止を発表。活動休止中はメンバー各々がソロ活動を積極的に行い、2006年に活動を再開、2013年には結成25周年を迎えた。

TOKIO

TOKIO(ときお、1990年-)は日本の男性アイドルグループ、5人組バンド。ジャニーズ事務所所属。メンバーは、城島茂(じょうじま しげる、ギター・リーダー)、山口達也(やまぐち たつや、ベース)、国分太一(こくぶん たいち、キーボード)、松岡昌宏(まつおか まさひこ、ドラム)、長瀬智也(ながせ ともや、ボーカル・ギター)。ライブなどは楽器を交換して演奏することもあり、メンバーは担当楽器以外も演奏することができる。ノリのいいメロディーとバンドサウンドによって生み出される彼らの楽曲は子供から大人まで親しみやすいものになっている。そのためジャニーズファンに限らない多くのファンを獲得している。1994年9月に「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。多くのバラエティ番組に出演しており、メンバーのパーソナルな面でも人気が高い。

SPYAIR

SPYAIR(すぱいえあー、2005年‐)は日本の4人組ロックバンド。Sonny Music Associated Records所属。メンバーはIKE(いけ、ボーカル)、UZ(ゆーじ、ギター・プログラミング)、MOMIKEN(もみけん、ベース・リーダー)、KENTA(けんた、ドラム)。メンバーは皆、愛知県出身。2005年にIKE、MOMIKEN、KENTAの3人が所属していたバンドが解散し、新しくバンドを結成する際にUZが加わり、現在の4人体制となる。バンドリーダーでありながらプロフィールの詳細は非公開であり、アイライナーで目の周りに施されたラインがミステリアスな雰囲気を醸し出しているMOMIKENがすべての楽曲の作詞を行っている。その真っ直ぐな歌詞と親しみやすく強い意志を感じさせるIKEのボーカル、確かなグルーヴと疾走感のあるバンドサウンドが生み出すSPYAIRの楽曲は今や、日本だけでなく世界のステージで鳴っている。

[Alexandros]

[Alexandros](アレキサンドロス、2001年-)は日本の4人組ロックバンド。RX-RECORDS所属。旧名は[Champagne](シャンペイン)で2014年3月に改名した。メンバーは、川上洋平(かわかみ ようへい、ボーカル・ギター)、白井眞輝(しらい まさき、ギター)、磯部寛之(いそべ ひろゆき、ベース・コーラス)、庄村聡泰(しょうむら さとやす、ドラム)。2001年に川上が大学在学中に結成。ドラマーの交代を経て、現メンバーとなる。2010年1月にアルバム「Where’s My Potato?」をリリースし、インディーズデビュー。抜群なメロディセンスを持つボーカル・川上と、最高の形で化学反応を起こすことができる敏感でハイセンスな音楽的感度を持ったメンバーが生み出す[Alexandros]の音楽は、常に“自分”という壁をぶち壊し更新している。そうすることで、彼らは自身の揺るがぬアイデンティティをさらに確固たるものとし、「俺たちが世界一のロックバンドである」と世界に証明し続けているのである。今、世界のロックシーンを脅かす、勢いの止まらないロックバンド。

MONGOL800

MONGOL800(もんごるはっぴゃく、1998年‐)は日本のスリーピースバンド。モンパチの略称で親しまれている。メンバーは上江洌 清作(うえず きよさく、ヴォーカル・ベース)、儀間 崇(ぎま たかし、ギター・ヴォーカル)、高里 悟(たかざと さとし、ドラム・コーラス)。ハイ・ウェーブ所属。メンバー三人とも沖縄出身であり、沖縄を活動の拠点としている。そのため、琉球愛をテーマとした楽曲も多い。メディアに出ることにはあまり関心がなく、「MESSAGE」の大ヒットを受けて取材が殺到した際もほぼすべてを断っていたことから「ロック界最強のマイペース」とも呼ばれていた。2013年1月25日にテレビ朝日系「ミュージックステーション」にて結成後初の生放送番組出演を果たしている。

Whiteberry

Whiteberry(ほわいとべりー、1994年‐2004年)は日本のガールズバンド。「ホワベリ」「白ベリ(しろべり)」の略称で親しまれていた。ソニー・ミュージックエンタテインメント所属。メンバーは前田由紀(まえだ ゆき、ボーカル)、稲月彩(いなつき あや、ギター)、長谷川ゆかり(はせがわ ゆかり、ベース)、川村恵里加(かわむら えりか、ドラム)、水沢里美(みずさわ りみ、キーボード)。メンバー全員が北海道北見市出身で結成当時は前田、稲月、長谷川が小学三年生、川村、水沢が小学四年生だった。当時のバンド名は「ストロベリーキッズ」。小学生の頃は、地元のお祭りなどで演奏していた。2000年8月にリリースしたJITTERIN’JINNのカバー曲「夏祭り」でオリコンシングルチャート3位を記録し、第51回NHK紅白歌合戦に出場を果たす。この楽曲は現在も様々な場面で使用され、多くの人々に親しまれている。

FLOW

FLOW(ふろう、1998年-)は日本の男性五人組バンド。Ki/oon Music所属。メンバーは、KOHSHI(こうし、ボーカル)、KEIGO(けいご、ボーカル)、TAKE(たけ、ギター)、GOT’S(ごっつ、ベース)、IWASAKI(いわさき、ドラム)。兄弟であるKOHSHI(兄)とTAKE(弟)が1993年から音楽活動を開始し、1998年にFLOWを結成。その後、他のメンバーが加入し、現在の体制になる。現在、バンドリーダーは1年交代制になっている。2003年7月にシングル「ブラスター」をリリースし、メジャーデビューを果たす。その後、アニメの主題歌を多く手掛け、世界各国で行われるアニメフェスティバルなどから多くのオファーを受けており、海外へと活動の場を広げている。確かなグルーブに背中を押してくれるような力強いメロディーと歌詞で大きな支持を得ている。

R指定

R指定(あーるしてい、2007年‐)は日本のヴィジュアル系ロックバンド。SPEED DISK所属。メンバーは、マモ(ボーカル)、楓(かえで、ギター)、Z(ぜっと、ギター)、七星(ななほし、ベース)、宏崇(ひろたか、ドラム)。結成当初のバンド名はキャサリン。その後、R-18、R-15と年齢制限が下がっていくかのような改名を経て、2008年4月から現メンバー、現表記で活動を開始する。当初はメンバーの地元である、博多を拠点にアグレッシブな活動を展開していたが、2009年より、活動拠点を東京へと変更した。ヴィジュアル系独特の不気味さを貫きながらも、人を選ばないノリの良さと、切れ味のいいバンドサウンドで男女問わず、熱烈な支持を得ている。

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ(2001年‐)は日本の4人組ロックバンド。日本コロンビア所属。「グドモ」の略称で親しまれている。メンバーは、金廣真悟(かねひろ しんご、ボーカル・ギター)、渡邊幸一(わたなべ こういち、ギター・コーラス)、たなしん(ベース・コーラス)、ペギ(ドラム・コーラス)。2001年に高校の同級生らと共に前身バンド、for better, for worseを結成。なお、ライバルとして切磋琢磨してきたTOTALFATは、メンバーの高校、大学の同級生である。2006年に一時ライブ活動を休止し、2007年にバンド名を現在のグッドモーニングアメリカに改名。より相手の心に届く楽曲を目指し、音楽活動を行う。今の若い世代の真理を歌うひやりとする歌詞と、キャッチーなバンドサウンドが生み出す彼らの楽曲は、まさにこの時代を代表するロックバンドであることを象徴している。また、バンドのマスコット的存在となったベース・たなしんが繰り出す「ファイヤー!」という掛け声は今や彼らの合言葉となっている。

NIGHTMARE

NIGHTMARE(ナイトメア、2000年-)は日本のヴィジュアル系バンド。C-block所属。メンバーはYOMI(よみ、ボーカル)、柩(ひつぎ、ギター)、咲人(さきと、ギター)、Ni~ya(にーや、ベース)、RUKA(るか、ドラム・リーダー)。2003年8月にシングル「-Believe-」でメジャーデビューを果たす。2010年に結成10周年を迎え、1月にさいたまスーパーアリーナ公演、8月に3度目の日本武道館公演を行った。作曲は主に咲人とRUKAが、作詞は咲人、RUKAに加えYOMI、柩も行っており、メンバーの化学反応から楽曲が生まれている。メンバーは皆X JAPANやLUNA SEAから影響を受けており、ヴィジュアル系の王道を行くバンドとして、熱烈な支持を集めている。

ゴールデンボンバー

ゴールデンボンバー(ごーるでんぼんばー・2004年‐)は日本のヴィジュアル系エアーバンド。金爆の略称で親しまれている。メンバーは鬼龍院 翔(きりゅういん しょう、Vo-karu)、喜矢武 豊(きゃん ゆたか、Gita-)、歌広場 淳(うたひろば じゅん、Be-su)、樽美酒 研二(だるびっしゅ けんじ、Doramu)。ユークリッド・エージェンシー所属。2004年に鬼龍院翔と喜矢武を中心に高校時代の友人と結成されるも、初ライブ二か月後に解散。2005年に鬼龍院翔と喜矢武で再結成を果たす。2010年にメジャー7社からデビューのオファーを受けるが、すべて断り、現在もインディーズで活動している。バンドのコンセプトは「ハイパー・ギガ・ハイブリット・スーパー・サブカル・ヴィジュアル・ロック」。

B’z

B’z(びーず、1988年-)は日本の男性二人のバンドユニット。VERMILLION所属。メンバーは松本孝弘(まつもと たかひろ、ギター・作曲・プロデュース)、稲葉浩志(いなば こうし、ボーカル・作詞)。元々、アーティストのツアーサポートやスタジオ・ミュージシャンとして活動していた松本が自分の音楽表現する場を求めてボーカルを探していたところ、縁あって稲葉と出会い結成された。1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」、アルバム「B’z」をリリースしてデビューを果たすが、二人が出会ってから約4か月間という短い期間での出来事だった。2007年にはロックの発展に貢献したミュージシャンを称える「ハリウッド・ロックウォーク」へのアジア初となる殿堂入りも果たしている。今や、日本を代表するアーティストである。

ロードオブメジャー

ROAD OF MAJOR(ロード・オブ・メジャー、2002年-2007年)は日本のフォーピースバンド。JUNK MUSEUM所属。「ROM(ロム)」の略称で親しまれている。メンバーは北川賢一(きたがわ けんいち、ボーカル)、近藤信政(こんどう のぶまさ、ギター)、松本賢一(まつもと けんいち、ベース・リーダー)、上原彰謙(うえはら あきかね、ドラム)。テレビ東京系「ハマラジャ」のドキュメンタリー企画「ロードオブメジャー」にてヘッドハンティングされ結成。インディーズでリリースしたシングルがオリコンシングルチャート初登場50位以内に入ることができなければ解散という過酷な条件の中、見事に初登場16位を記録し、クリア。2004年11月にシングル「心絵」をリリースし、メジャーデビューを果たす。2007年7月に5年間の活動に幕を下ろした。

サザンオールスターズ

サザンオールスターズ(1976年-2008年、2013年-)は日本の五人組バンドグループ。SPEEDSTAR RECORDS所属。メンバーは桑田佳祐(くわた けいすけ、ボーカル・ギター)、関口和之(せきぐち かずゆき、ベース・ボーカル)、松田弘(まつだ ひろし、ドラム・ボーカル)、原由子(はら ゆうこキーボード・ボーカル)、野沢秀行(のざわ ひでゆき、パーカッション)。桑田を中心に大学の音楽サークルで知り合ったメンバーで断続的に活動を始め、メンバーチェンジを重ねながら「サザンオールスターズ」は形成されていった。1978年6月にシングル「勝手にシンドバッド」でデビュー。デビューからロックバンドであるにも関わらず、サンバ調の楽曲でデビューするという変化球を繰り出すも、当時の受けは悪く、売り上げは低迷した。しかしメディアへの露出を経て、バンドと桑田のコミカルな性格が話題になり、同年の11月にTBS系の音楽番組「ザ・ベストテン」で「勝手にシンドバッド」が10位にランクインを果たす。そこから試行錯誤の音楽活動を展開し、音楽シーンへの様々なアプローチで注目を集めていた。2008年にデビュー30周年を迎えるとともに無期限の活動休止を発表するも、デビュー35周年の2013年に活動を再開、再び多くの音楽ファンを巻き込んで精力的な活動を展開している。

Daizy Stripper

DaizyStripper(でいじーすとりっぱー、2007年‐)は日本のヴィジュアル系ロックバンド。マーベラスAQL所属。「デイジー」の略称で親しまれている。メンバーは、夕霧(ゆうぎり、ボーカル)、まゆ(ギター)、なお(ギター)、Rei(れい、ベース)、風弥(かざみ、ドラム・ピアノ)。まゆを中心に結成。まゆとReiらがバンドを組もうとしていたところ、まゆが夕霧の歌声を気に入り、現メンバーでの結成に至った。「しっかりと耳に残るメロディの楽曲制作」をコンセプトに掲げる彼らの楽曲は、夕霧の広い音域を自由自在に歌い上げるボーカルと技術・音楽性共にハイセンスな楽器隊が奏でるサウンドが耳を掴んで離さないヴィジュアル系特有の可憐さとバンドならではの衝動を兼ね備えている。

ウカスカジー

ウカスカジーは日本の4人組バンド・Mr.Childrenのボーカリストである桜井和寿とヒップホップユニット・EAST ENDのメンバーであるGAKU-MCによる音楽ユニット。TOY’S FACTORY所属。サッカーで交友があった2人が2014年FIFAワールドカップを盛り上げようと結成した。コンセプトは、「音楽とサッカーで様々なコミュニケーションをクリエイトするプロジェクト」。桜井のポップで豊かな音楽性とストーリー性のある歌詞とGAKU-MCの軽快なラップが生む音楽は2014年FIFAワールドカップを大いに盛り上げ、お音楽とサッカーによって多くの人々を繋ぐ懸け橋となった。

エレファントカシマシ

エレファントカシマシ(えれふぁんとかしまし、1981年-)は日本のロックバンド。ユニバーサルミュージック・A&Mレコード所属。「エレカシ」の略称で親しまれている。メンバーは宮本浩次(みやもと ひろじ、ボーカル・ギター)、石森敏行(いしもり としゆき、ギター)、高緑成治(たかみどり せいじ、ベース)、富永義之(とみなが よしゆき、ドラム)。1986年に中学のクラスメートであった、宮本、石森、富永の三人に、富永の高校時代の同級生・高緑が加わり、現メンバーとなる。1988年3月にアルバム「THE ELEPHANT KASHIMASHI」、シングル「デーデ」でデビュー。宮本の泥臭く不器用でありながらも、ストレートで聴く者の魂を揺さぶり、語り掛けるような歌声と宮本の歌声に寄り添う無骨で、確かなグルーヴを鳴らす楽器隊が生み出す彼らの音楽は多くの人に愛され、2013年3月にデビュー25周年を迎えた。

fripSide

fripSide(フリップサイド、2002年‐)は日本の音楽ユニット。p.m.works所属。ミュージシャン、音楽プロデューサーとして活動している八木沼悟志(やぎぬま さとし)が2002年にインターネット内で行ったボーカルオーディションで選ばれたnao(なお)と八木沼自身のプロデュースで結成された。2009年7月にnaoが脱退し、第二期として、南條愛乃(なんじょう よしの)を新たにボーカルとして迎え、同年11月にシングル「only my railgun」で再デビューを果たす。楽曲制作において、サウンドプロデュースを担当している、八木沼がキーボード奏者であるため、トランスやユーロビート調の楽曲が多い。また、ボーカルの南條は2006年に声優としてもデビューしており、各々が幅広い活動を行っている。

ZONE

ZONE(ぞーん、1997年-2005年、2011年-2013年)は日本のガールズバンド。ソニーミュージックレコーズ所属。結成時から活動終了時まで在籍していたメンバーはMAIKO(まいこ、ボーカル・ベース)のみ。1997年から2005年の間に在籍していたメンバーはTAKAYO(たかよ、ボーカル・ギター・バンドリーダー)、MIZUHO(みずほ、ボーカル・ドラム)。再結成時のメンバーはTOMOKA(ともか、ボーカル・ギター・キーボード)、MIYU(みゆ、ボーカル・ギター)。メンバーは全員北海道出身。2001年2月にシングル「GOOD DAYS」でメジャーデビュー。結成当時はボーカル&ダンスユニットとして活動しており、楽器演奏は行っていなかったが、次第に本格的なガールズバンドへ変遷していった。また、再結成時には代表曲「secret bace~君がくれたもの~」の歌詞に登場する「10年後の8月」という言葉通りであると話題になった。

MAYDAY

Mayday(めいでい、1997年-)は台湾の5人組バンド。相信音樂所属。メンバーは、アシン(ボーカル)、モンスター(ギター・リーダー)、マサ(ベース)、ストーン(ギター)、ミン(ドラム)。アシン、モンスターが学生時代に結成。その後、マサ、ストーン、ミンが加入し、現在の体制になる。1999年7月にアルバム「五月天第一張創作專輯」をリリースし、デビュー。翌年2000年にリリースされた2枚目のアルバム「愛情万歳」では各音楽チャートの1位を独占し、当初から大きな注目を集めていた。2004年には初のワールドツアーを、アメリカ、中国、シンガポール、マレーシア、香港、日本、台湾で開催し、アジアを代表するバンドとなった。また、台湾のロックは台湾語で歌うのが主流であるが、各国での人気が上がり、現在は主に、北京語で歌っている。

Silent siren

Silent Siren(サイレント・サイレン、2010年-)は日本のガールズバンド。ドリーミュージック所属。「サイサイ」の略称で親しまれている。メンバーは、吉田菫(よしだ すみれ、ボーカル・ギター)、梅村妃奈子(うめむら ひなこ、ドラム)、山内あいな(やまうち あいな、ベース)、黒坂優香子(くろさか ゆかこ、キーボード・シンセサイザー)。ファッション誌「CUTiE」で読者モデルをしていた吉田と梅村がロックバンド・10-FEETの「RIVER」という楽曲をきっかけに意気投合し、バンドを結成。2012年2月にデビューアルバム「サイサイ」をリリースし、同年3月には「東京ガールズコレクション」のオープニングアクトを務め、注目を集めた。ファッションアイコンとしてもアーティストとしても精力的な活動を行い、様々なシーンで活躍している。

いきものがかり

いきものがかり(1999年‐)は日本のスリーピースバンド。EPIC Records所属。メンバーは、水野良樹(みずの よしき、ギター・リーダー)、吉野聖恵(よしの きよえ、ボーカル)、山下穂尊(やました ほたか、ギター・ハーモニカ)。小、中、高校の同級生である水野と山下で結成された。その後、二人の友人の妹・吉岡が当時二人で活動していたいきものがかりの路上ライブに飛び入り参加し、そのまま加入して現在の三人体制となった。三人とも神奈川県出身であり、結成当初は地元である厚木や海老名を中心に路上ライブを行っていた。また、メジャーデビュー前最後の路上ライブは雪が降る中で行われ、観客はわずか1人だったのは有名なエピソードである。念願のメジャーデビューを果たすとキャッチーなメロディーと男女問わず親しみやすい歌詞でヒットし、三作目以降のアルバムは全てオリコンアルバム週間チャートで1位を獲得している。

WANDS

WANDS(わんず、1991年-2000年)は日本のバンドグループ。B-Gram RECORDS所属。メンバーは、和久二郎(わく じろう、ボーカル)、木村真也(きむら しんや、キーボード)、杉元一生(すぎもと いっせい、ギター)。二度のメンバーチェンジを経て、第三期WANDSのこの三人で1997年から2000年まで活動していた。1991年12月にプロデューサー長戸大幸のもとシングル「寂しさは秋の色」でデビュー。1992年に第一期の中山美穂とWANDSのコラボレーション曲「世界中の誰よりきっと」、1993年に第二期の「時の扉」、「愛を語るより口づけをかわそう」、「世界が終るまでは…」がそれぞれミリオンセラーを記録している。

DREAMS COME TRUE

DREAMS COME TRUE(どりーむず・かむ・とぅるー、1988年-)は日本のバンドグループ。UNIVERSAL SIGMA所属。「ドリカム」の略称で親しまれている。メンバーは吉田美和(よしだ みわ、ボーカル)、中村正人(なかむら まさと、ベース・バンドリーダー)。1989年3月21日にシングル「あなたに会いたくて」、アルバム「DREAMS COME TRUE」を同時リリースし、デビューすると吉田の圧倒的な歌唱力と広い世代の心を掴む親しみやすいメロディーで瞬く間に多くのファンを獲得していった。また、現在音楽シーンで活躍している多くのアーティストに影響を与えており、今や、日本の音楽シーンを代表するグループとなっている。そのため、数多くのタイアップ曲がある。

Janne Da Arc

属。メンバーは、yasu(やす、ボーカル・バンドリーダー)、you(ゆう、ギター)、ka-yu(かーゆ、ベース)、kiyo(きよ、キーボード)、shuji(しゅうじ、ドラム)。1999年5月にシングル「RED ZONE」でメジャーデビュー。2005年には韓国でアルバム「JOKER」をリリースし、海外進出も果たした。ロック調の楽曲やバラード調の楽曲、メンバーの高い演奏力を生かしたインストゥルメンタルの楽曲など幅広い音楽性を持ち、男性ファンも多く獲得している。2007年に結成10周年を迎え、バンド活動と並行してメンバーそれぞれがソロ活動も行っていくことが発表された。

クリープハイプ

クリープハイプ(2001年-)は日本のロックバンド。UNIVERSAL SIGMA所属。メンバーは、尾崎世界観(おざき せかいかん、ボーカル・ギター)、小川幸慈(おがわ ゆきちか、ギター)、長谷川カオナシ(はせがわ かおなし、ベース・コーラス)、小泉拓(こいずみ たく、ドラム)。2001年、尾崎を中心とした地元の友人と3ピースバンドとして結成するも、尾崎以外のメンバー2人が脱退。その後、2009年に小川、長谷川、小泉が加入し、現在の体制になる。2012年4月にアルバム「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」をリリースし、メジャーデビューを果たす。尾崎の女性目線のストーリーが展開されるひねくれた歌詞と独特の(時々女性と間違われる)ハイトーンボイス、人の喜怒哀楽を表現するかのような表情豊かなバンドサウンドが織りなす、人間らしさが溢れ出た楽曲で今やロックファンだけでなく、多くの人の注目を集めるバンド。また、尾崎とはまた違った独特の世界観を作り出す、アイリッシュ音楽をルーツに持つ長谷川がメインボーカルを務める楽曲もあり、クリープハイプのもう一つの顔を担っている。

BREATH

BREATH(ぶれす、2001年-2005年)は日本の2人組バンド。エイベックス所属。メンバーは、金築卓也(かなつき たくや)、菊池一仁(きくち かずひと)。作曲家として活動していた菊池が自身のユニットを立ち上げるため、ボーカルを探し全国を回っていたところ、当時ストリートミュージシャンだった金築と出会い、活動を開始した。2001年11月に「瞳にくぎづけ」でデビューするも、2005年10月に行われたライブをもって解散した。現在、金築はシンガーソングライターとして、菊池は作曲家、音楽プロデューサーとして活動している。また、菊池はEXILEや浜崎あゆみなど多くのアーティストに楽曲提供も行っている。

NICO TOUCHES THE WALLS

NICO Touches the Walls(にこ・たっちず・ざ・うぉーるず、2004年-)は日本のロックバンド。Ki/oon Music所属。メンバーは、光村龍哉(みつむら たつや、ボーカル・ギター)、古村大介(ふるむら だいすけ、ギター)、坂倉心悟(さかくら しんご、ベース)、対馬祥太郎(つしま しょうたろう、ドラム)。バンド名は、「壁に触れるという行為は壁の向こうにある世界、日常から新しい世界を創造するというイメージにつながる」という光村の発想に由来する。2004年4月に光村、古村、坂倉で結成、後に、対馬が加入し、現在の体制となる。2007年11月にメジャーデビュー。光村の真っ直ぐで喜怒哀楽を豊かに表現する力強い歌声とロックバンドとしてのグルーブやキレを土台にしたキャッチーさを持つ楽器隊が作り出すプラスのエネルギーに満ちた楽曲は、アニメのタイアップなどにも起用されており、多くのリスナーを魅了している。

BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKEN(ばんぷ おぶ ちきん、1994年‐)は日本のバンドグループ。バンプの略称で親しまれている。メンバーは、藤原 基央(ふじわら もとお、ボーカル・ギター)、増川 弘明(ますかわ ひろあき、ギター)、直井 由文(なおい よしふみ、ベース)升 秀夫(ます ひでお、ドラム)。LONGFELLOW所属。メンバー4人は幼稚園の頃からの幼馴染。中学時代には全員がバスケットバール部に所属していたが、万年補欠だった。高校生音楽祭で初めてオリジナル曲でのライブをする。物語性がある歌詞を語り掛けるように歌うボーカルと曲の世界を鮮やかに描き出すバンドサウンドで多くの人に愛されている。

SEKAI NO OWARI

SEKAI NO OWARI(せかいのおわり、2010年‐)は日本の四人組のアーティスト。セカオワの略称で親しまれている。また、2013年から本格的に始まった世界展開のプロジェクトは、「End Of The World」という名前で活動している。メンバーは、Fukase(ふかせ、ボーカル・ギター)、Nakajin(なかじん、リーダー・ギター・サウンドプロデュース)、Saori(さおり、ピアノ・ステージプロデュース)、DJ LOVE(でぃーじぇーらぶ、DJ・サウンドセレクト)。Lastrum所属。メンバーはFukaseを通した幼稚園から高校までの友人であり、手作りのライブハウス「clubEARTH」が彼らの原点である。作詞・作曲はFukase、Nakajin、Saoriの三人で手掛け、メインボーカルはFukaseであるが、Nakajin、Saoriもボーカルを務める曲がある。四人が作り出す独特の世界とファンタジックなサウンドに時々はっとする言葉が散りばめられた彼らの音楽は多くの人を魅了している。

スピッツ

スピッツ(すぴっつ、1987年‐)は日本のバンドグループ。Grasshopper所属。メンバーは草野マサムネ(くさの まさむね、ボーカル・ギター)、三輪テツヤ(みわ てつや、ギター)、田村明浩(たむら あきひろ、ベース)、崎山龍男(さきやま たつお、ドラム)。バンド名は草野が高校時代から考えていたもので、草野が“s”に“p”が続く単語が好きであったため、ドイツ語で「尖っている」「辛辣な」という意味の単語“Spitz”と命名した。1995年にリリースされた11thシングル「ロビンソン」は大ヒットとなり、その名が広く知られるきっかけとなった。草野が手掛ける独特の世界とユーモアが詰まった歌詞が不思議と心地よく感じられるバンドサウンドは、スピッツの音楽をみんなの歌のように響かせ、広い年代に愛されている。

UNICORN

UNICORN(ゆにこーん、1986年-1993年、2009年-)は日本のロックバンド。Ki/oon Music所属。メンバーはABEDON(阿部義晴・あべ よしはる、キーボード・バンドリーダー)、奥田民生(おくだ たみお、ボーカル・ギター)、川西幸一(かわにし こういち、ドラム)、EBI(堀内一史・ほりうち かずし、ベース)、手島いさむ(てしま いさむ、ギター)。1987年10月にアルバム「BOOM」でデビュー。現在、音楽シーンで活躍している多くのアーティストに大きな影響を与えるバンドとなる。一度解散するも、ユニコーンのスタッフの結婚式で行った余興がきっかけとなり、2009年にシングル「WAO!」をリリースし、再スタートを切った彼らは、現在も幅広い年齢層のロックキッズたちに愛されている。

Mr.Children

Mr.Children(ミスターチルドレン、1985年-)は日本のフォーピースバンド。TOY’S FACTORY所属。「ミスチル」の略称で親しまれている。メンバーは、桜井和寿(さくらい かずとし、ボーカル・ギター)、田原健一(たはら けんいち、ギター・鍵盤)、中川敬輔(なかがわ けいすけ、ベース)、鈴木英哉(すずき ひでや、ドラム・コーラス)。1992年5月にミニアルバム「EVERYTHING」でデビュー。豊かでポップな音楽にセンチメンタルなストーリー性のある歌詞がのった彼らの音楽は、アマチュア時代から多くのファンを獲得してきた。オリコンランキングのノンタイアップシングル売り上げ枚数で歴代1位を記録していることからも、彼らの音楽が絶大な支持を得ていることが覗える。

氣志團

氣志團(きしだん、1997年-)は日本のバンドグループ。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。メンバーは綾小路翔(あやのこうじ しょう、DRAGON VOICE・MC&GUITAR)、早乙女光(さおとめ ひかる、DANCE&SCREAM)、西園寺瞳(さいおんじ ひとみ、GUITAR)、星グランマニエ(ほし ぐらんまにえ、GUITAR)、白鳥松竹梅(しらとり しょうちくばい、BASS)、白鳥雪之丞(しらとり ゆきのじょう、DRUMS&DRUNK)。自らをパンク・ロックとヤンキーの融合「ヤンク・ロック」と提唱しており、1980年代のヤンキーを彷彿させる、リーゼントに学ラン姿が彼らのユニフォームとなっている。彼らのコミカルでありながら、甘い青春ソングはジャンルの壁を越えて、幅広い世代に熱狂的なファンを獲得している。また、そのジャンルに囚われないライブパフォーマンスから、様々なアーティストとの対バンライブを行ったり、多数のフェスに出演するなど、氣志團特有の音楽活動を行っている。

KANA-BOON

KANA-BOON(かなぶーん、2008年‐)は日本のロックバンド。Ki/oon Records所属。メンバーは、谷口鮪(たにぐち まぐろ、ボーカル・ギター)、古賀隼人(こが はやと、ギター)、飯田裕馬(めしだ ゆうま、ベース)、小泉貴裕(こいずみ たかひろ、ドラム)。高校の軽音楽部で結成されたメンバー全員が大阪出身のバンド。2011年8月に行った初ワンマンライブを境に若い世代を中止に爆発的な支持を得るようになる。2012年にはキューンレコードの20周年記念オーディションにて、4000組の名からグランプリを勝ち取り、多くの他バンドのライブツアーやフェスなどに出演していく中で自らのギター・ロックバンドとしての音楽を確立していく。2013年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」をリリースし、メジャーデビュー。これからの日本のロックシーンを担う、ブレないグルーブと確かな表現力、ストーリー性とメッセージ性を兼ね備えたギター・ロックを鳴らすバンドである。

ORANGE RANGE

ORANGE RANGE(おれんじれんじ、2001年‐)は日本の男性5人組バンドグループ。Spice Music所属。メンバーは、YAMATO(やまと、ボーカル)、HIROKI(ひろき、ボーカル)、RYO(りょう、ボーカル)、NAOTO(なおと、ギター・リーダー)、YOH(よう、ベース)。一般的なロックバンドの編成とは異なり、三人のボーカリストがおり、YAMATOが高音、HIROKIが中音、RYOが低音とそれぞれの音域を分担している。そのため、ジャンルにとらわれない自由な音楽性を実現させ、数多くのヒット曲を出している。今や活動の場をアジア各国へと広げ、各地でライブを行っている。

ケラケラ

ケラケラ(けらけら、2010年-)は日本のスリーピースバンド。ユニバーサルシグマ所属。メンバーはMEME(めめ、ボーカル)、ふるっぺ(ベース)、森さん(もりさん、ドラムス)。2013年2月にシングル「さよなら大好きだったよ」をリリースし、メジャーデビューを果たす。大阪出身のふるっぺと森さんがケラケラ以前に所属していたバンドが解散し、2010年に二人はSNSサイト「mixi」の掲示板でメンバーを探し始めた。そこで、探していた理想の「格好良くて可愛いボーカル」、MEMEに出会い、現在の3人体制で活動を開始した。MEMEの明るく、真っ直ぐな歌声はメンバーの二人に始まり、若い世代を中心に多くの人々を魅了している。これからさらなる活躍が期待されている。

L’Arc~en~Ciel

L’Arc~en~Ciel(らるくあんしえる、1991年-)は日本の四人組バンド。Ki/oon Music所属。「ラルク」の略称で親しまれている。メンバーは、hyde(はいど、ボーカル)、ken(けん、ギター)、tetsuya(てつや、ベース・リーダー)、yukihiro(ゆきひろ、ドラム)。大阪で結成。グループ名はフランス語で「虹」を意味する言葉になっている。1994年7月にビデオシングル「眠りによせて」でメジャーデビュー。その後の地道な活動の功が奏し、1995年の日本武道館コンサート、1996年の東京ベイNKホールコンサートを経て、同年12月にリリースしたアルバム「True」がオリコンアルバムチャート1位という結果を記録する。メンバーの逮捕・脱退を受けた活動休止があったものの、復活コンサートのチケットは販売開始4分でソールドアウトするなど、活動再開と共に更なる人気を獲得する。現在は各メンバーがソロ活動も並行して行っており、バンド自身もアメリカやアジアでの公演を行うなど、日本を代表するバンドグループとして活躍している。

BUCK-TICK

BUCK-TICK(ばくちく、1985年-)は日本のロックバンド。Lingua Sounda所属。メンバーは櫻井敦司(さくらい あつし、ボーカル)、今井寿(いまい ひさし、ギター)、星野英彦(ほしの ひでひこ、ギター・キーボード)、樋口豊(ひぐち ゆたか、ベース)、ヤガミトール(ドラム)。1987年にライブビデオ「バクチク現象 at LIVE INN」をリリースし、メジャーデビュー。80年代のバンドブームに沸いていた日本のロックシーンでワン&オンリーなバンドとして常に先鋭的なアプローチを取り入れ、その音楽性を更新し続けている。そして、元祖・ヴィジュアル系として、現在活躍する多くのアーティストに多大なる影響を与えたバンドでもある。2013年にはデビュー25周年を記念して製作されたドキュメント映画「劇場版 BUCK-TICK~バクチク現象~」が全国で上映された。今なお変化を続けるジャパニーズ・ロックを代表するバンド。

ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティ(ぽるのぐらふぃてぃ、1994年‐)は日本のバンドグループ。メンバーは岡野 昭仁(おかの あきひと、ボーカル・ギター)、新藤 晴一(しんどう はるいち、ギター・コーラス)。二人とも広島県出身。アミューズ所属。バンド名は「周りのバンドに負けないインパクトのある名前じゃないとだめだ」とアメリカのハードロックバンド、Extremeのアルバムタイトルから取ったもの。作詞・作曲は共に、メンバー二人で行っている。出身地広島への愛は強く、東京、大阪と並ぶ活動拠点としてライブツアーによく組み込まれている。彼らの音楽は切ないバラードから弾けるラテン調の曲まで幅が広く、広い年齢層のファンを持つ。

LANDS

LANDS(らんず、2009年)は2010年1月に全国東宝系にて公開された映画「BANDAGE」で劇中に登場する主演の赤西仁(あかにし じん)がボーカルを務めていたバンドで、同映画の主題歌「BANDAGE」を手掛けている。ドラムは劇中でもドラマー役を務めた金子ノブアキ(かねこ のぶあき)が担当し、キーボードは同映画の監督を務めた音楽プロデューサーである小林武史(こばやし たけし)が担当している。リリースの際は、赤西仁のソロという扱いになっており、LANDS名義でリリースされたのはシングル「BANDAGE」、アルバム「Olympos」の2枚のみであるが、それぞれオリコンシングル週間チャート、オリコンアルバム週間チャートで1位を記録している。

JUDY AND MARY

JUDY AND MARY(じゅでぃー・あんど・まりー、1992年-2001年)はフォーピースバンド。エピックソニー所属。メンバーはYUKI(ゆき、ボーカル)、TAKUYA(たくや、ギター)、恩田快人(おんだ よしひと、ベース・バンドリーダー)、五十嵐公太(いがらし こうた、ドラム)。1993年9月にシングル「POWER OF LOVE」でデビュー。作詞はほとんどの楽曲をYUKIが手掛け、作曲は恩田とTAKUYAが主に行っている。ポップなバンドサウンドにYUKIの可愛らしくも伸びのある歌声をのせた彼らの音楽は若い世代を中心に絶大な人気を獲得した。1度の活動休止はあったものの、活動中は駆け抜けるように積極的なライブ活動を行っており、音楽シーンを盛り上げていた。4枚目のアルバム「THE POWER SOURCE」はオリコンアルバム週間チャートで1位を記録し、日本レコード協会のゴールド等認定でダブルミリオンに認定された。

UVERworld

UVERworld(うーばーわーるど、2000年-)は日本の6人組バンドグループ。ソニーミュージックレコーズ所属。メンバーはTAKUYA∞(たくや、ボーカル・プログラミング)、克哉(かつや、ギター・バンドリーダー)、彰(あきら、ギター・プログラミング)、信人(のぶと、ベース)、真太郎(しんたろう、ドラム)、誠果(せいか、サックス・マニピュレーター)。2005年7月にシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビュー。バンド名には「自分たちの世界をも超える」という意味が込められている。現在、多くのアーティストのライブでアンコールはほとんどの場合行われるが、UVERworldは「本当に望まれている時しかアンコールはしない」というスタンスをとっており、アンコールが行われることは稀である。また、ジャンルに囚われない自由で力強い音楽とメッセージ性の強い歌詞は聴く人を一瞬にして引き込む力があり、バンドの音楽性を更新していく姿からは目が離せない。

キング・クリームソーダ

キング・クリームソーダは日本の3人組ユニット。メンバーはゲラッパー、マイコ、ZZROCK(じーじーろっく)。テレビアニメ「妖怪ウォッチ」の主題歌「ゲラゲラポー」で、突如現れた、正体不明の音楽ユニット。結成理由は妖怪の仕業とされており、メンバーのゲラッパーは語尾に必ず“ゲラ”を付けるなど、異彩を放つグループとして注目を集めている。

LINKED HORIZON

Linked Horizon(りんくとほらいずん、2012年‐)は日本のサウンドクリエーターRevoのプロジェクト名。ポニーキャニオン所属。作詞・作曲・編曲・ボーカルの全てを手掛けるRevoがニンテンドー3DS用ゲーム「ブレイブリーデフォルト」の音楽担当にオファーされたことを契機に、多作品とのコラボレーションで音楽活動をするために発足した。プロジェクト名には「外の世界と繋がる」という意味が込められている。Revoは2004年に「Sound Horizon」として「Elysion~楽園への前奏曲~」でメジャーデビューしている。2013年にアニメ「進撃の巨人」のOP主題歌「自由への進撃」が日本レコード協会のゴールドディスクに認定され、第64回NHK紅白歌合戦に初出場を果たしている。

Hilcrhyme

Hilcrhyme(ひるくらいむ、2004年-)は日本の男性ラップ・ユニット。UNIVERSAL J所属。メンバーは、TOC(とく)、DJ KATSU(かつ)。2009年7月にシングル「純也と真菜実」でメジャーデビュー。2ndシングル「春夏秋冬」はオリコンデイリーランキングで1位を獲得している。Hilcrhymeの音楽はピアノやストリングスも織り交ぜた柔らかなサウンドに二人のラップが生み出すビート感が重なって生み出されている。また、ライブでは、ダンスユニット・THUG-HOMEYとCLOPのメンバー6人が加わり、ライブを盛り上げている。2011年から、Hilcrhyme
CREWとして正式なライブメンバーとなり、TOCとDJ KATSUだけではできない音楽表現を実現させている。

ナオト・インティライミ

ナオト・インティライミ(1979年8月15日)は日本の男性シンガーソングライター。千葉県出身。ユニバーサルシグマ所属。“ナオト”は本名であり、“インティ”は太陽を、“ライミ”は祭りを意味するケチュア語である。2001年に“なおと”名義で大学在学中に「Growing up!!」でメジャーデビューする。2003年から2004年にかけて「世界一蹴の旅」に出た後、2005年から現在の“ナオト・インティライミ”名義での活動をスタートさせる。2010年4月にナオト・インティライミとしては最初のシングル「カーニバる?」をリリースする。世界中の音楽を吸収した彼が生み出す音楽はジャンルという壁に縛られることのない自由なリズムとサウンドが鳴っており、聴く人を笑顔にするような力がある。

KG

KG(ケージー、2004年-)は日本のシンガーソングライター・Kohによるソロプロジェクト。ユーズミュージック所属。15歳からアメリカへ留学し、カリフォルニアの音楽大学へ進学するも、日本での音楽活動を決意し、帰国。2004年にキーボーディストと出会いKGを結成、2007年からソロプロジェクトとして活動する。アメリカ留学時代に出会ったブラックミュージックに大きな影響を受け、自身も、R&Bスタイルのシンガーとなった。本場のブラックミュージックを吸収した彼の温かでソウルフルな歌声が彼の大きな魅力である。

尾崎 豊

尾崎豊(おざき ゆたか、1965年11月29日-1992年4月25日、満26歳没)は日本の男性シンガーソングライター。東京都出身。ソニーミュージックレコーズ所属。1983年12月1日にアルバム「十七歳の地図」、シングル「15の夜」を同時リリースし満を持してデビュー。日本のポピュラーミュージックに大きな影響を及ぼした尾崎は、1980年代から1990年代初頭にかけて、若者を中心に絶大な支持を得ていた。彼の世の中に対する世代的批評を詩的に綴った歌詞と衝動的で圧倒的なライブパフォーマンスは、今なお多くの人々の記憶の中に焼き付き、彼の唯一無二のカリスマ性を物語っている。

BOYFRIEND

BOYFRIEND(ぼーいふれんど、2011年-)は韓国の男性歌手グループ。スターシップエンターテインメント所属。メンバーは、ドンヒョン(リーダー)、ヒョンソン、ジョンミン、ヨンミン、クァンミン、ミヌ。2011年5月にシングル「BOYFRIEND」で本国韓国デビュー。2012年8月にシングル「Be my shine ~君を離さない~」で日本デビュー。その柔らかく甘い歌声で多くの女性ファンを獲得している。また、楽曲にはラップ調のリズム、歌詞も取り入れられており、メリハリのある楽曲が多い。

EXILE SHOKICHI

EXILE SHOKICHI(エグザイル・しょうきち、1985年10月3日)は日本の歌手、パフォーマー。LDH所属。EXILE、THE SECOND from EXILEのボーカル兼パフォーマーとしても活動している。2014年6月にシングル「BACK TO THE FUTURE」でソロデビューを果たす。2012年1月にリリースされたEXILEのアルバム「EXILE JAPAN」収録曲「Everlasting Song」で初の作詞作曲を担当している。THE SECOND from EXILEでは楽曲制作も自ら行っている。また、2012年10月に放送された日本テレビ系ドラマ「シュガーレス」で俳優デビューも果たし、翌年、2013年にはドラマ「フレネミー-どぶねずみの街-」で初の主演を果たしている。

和田 光司

和田光司(わだ こうじ、1974年1月29日)は日本の男性歌手。京都府出身。SOLID VOX所属。1999年4月23日にフジテレビ系アニメ「デジモンアドベンチャー」の主題歌に起用されたシングル「Butter-Fly」でメジャーデビュー。このデビュー曲で大ヒットし、以降もアニメ・デジモンシリーズの主題歌を数多く手掛けている。この楽曲は発売から10年以上が経過し現在でも根強い人気があり、和田自身だけでなく、アニメソング代表する楽曲となっている。病気による2度の活動休止を乗り越え、「歌える時に歌う」というスタンスで現在も活動している。

福田 こうへい

福田こうへい(ふくだ こうへい、1976年9月21日)は日本の演歌歌手。岩手県出身。キングレコード所属。2012年10月にシングル「南部蝉しぐれ」でCDデビュー。この楽曲はオリコン演歌チャートで1位を獲得した。それを受けて、福田は2013年の第55回日本レコード大賞で新人賞を受賞、年末の第64回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。民謡歌手である父の影響で23歳から民謡を習い始め、2012年6月に第25回日本民謡フェスティバルでグランプリを受賞。それを機に数々のコンクールに出場し優勝を勝ち取る。着実にキャリアを積んできた福田は、今、その歌唱力を遺憾なく発揮し、多くの支持を得ている。

ケツメイシ

ケツメイシ(1993年-)は日本の4人組音楽グループ。avex trax所属。メンバーは、Ryo(りょう、MC)、Ryoji(りょうじ、ボーカル)、大蔵(だいぞう、MC・リーダー)、DJ KOHNO(ディージェー こうの、DJ)。RYOが大学の仲間と結成し、1996年から現在のメンバーで活動を始める。2001年4月に「ファミリア」でメジャーデビュー。2005年2月にリリースしたシングル「さくら」がオリコンシングルチャートで初の1位を獲得した。ヒップホップとレゲエを下敷きにラブバラードからパーティーチューンまで独特に視点から歌い上げる彼らのスタイルは、世代を問わず多くのファンを魅了している。

スキマスイッチ

スキマスイッチ(すきますいっち、1999年‐)は日本の男性ソングライターユニット。オフィスオーガスタ所属。メンバーは、大橋卓也(おおはし たくや、ボーカル・ギター・ハーモニカ)、常田真太郎(ときた しんたろう、鍵盤・コーラスetc.)。2人とも愛知県出身。一人で曲を書き溜めていた大橋が常田にアレンジとレコーディングを依頼したのが結成のきっかけとなる。すべての楽曲をセルフアレンジ&セルフプロデュースで行っており、作詞・作曲も二人の共同制作となっている。言葉を重要視する彼らの楽曲は柔らかなバラードから落ち着きの中に遊び心を感じるポップなものまで幅広い。また、大橋はソロアーティストとしても活動しており、ゲストボーカルやコーラスなどで他のアーティストとのコラボも果たしている。常田は多くのアーティストのアレンジ・プロデュースを行っている。

コブクロ

コブクロ(1998年-)は日本の男性デュオ。ワーナーミュージックジャパン所属。メンバーは、黒田俊介(くろだ しゅんすけ、ボーカル)、小渕健太郎(こぶち けんたろう、ギター・ボーカル)の二人。グループ名は、二人の名字から二文字ずつ取り、合体させた、いたっていシンプルなものである。セールスマンをしていた小渕が息抜きに毎週土曜日の夜に地元、堺の商店街で路上ライブを始めると、その場所で2、3年前から路上ライブを行っていた黒田に出会った。二人は意気投合し、今に至る。その彼らのオリジナル曲はインディーズ時代から約40曲あった。路上ライブを経て鍛えられた、確かな歌唱力と記憶のどこかにある美しい情景を思い起こさせるような老若男女の心に響く歌詞は多くの人を魅了している。

湘南乃風

湘南乃風(しょうなんのかぜ、2000年‐)は日本の男性四人組のアーティスト。トイズファクトリー所属。メンバーはRED RICE(れっどらいす、リーダー)、若旦那(わかだんな)、SHOCK EYE(しょっくあい)、HUN-KUN(はんくん)。4人全員がDJを務めている。2000~2003年、自らのレーベル134RECORDINGSを立ち上げ、4本のオリジナルミックステープを携えた全国ツアーを行う。RED RICEとHUN-KUNの二人で活動していたところにSHOCK EYEと若旦那との出会いを経て、2003年に「湘南乃風」としてアルバム「湘南乃風~Real Riders~」でメジャーデビューを果たす。デビュー当初の楽曲はレゲエを全面的に出したものだったが、次第にレゲエにとどまらず、ポップな楽曲なども多く手掛けるようになる。喜怒哀楽をエネルギッシュに歌う彼らのイメージと夏を連想させる楽曲がヒットしているせいか、夏の代名詞的存在となっている。

サスケ

サスケ(さすけ、2000年‐2009年、2014年‐)は日本の男性デュオ。メンバーは奥山裕次(おくやま ゆうじ、ボーカル・ギター・ピアニカ)、北清水雄太(きたしみず ゆうた、ボーカル・ギター・ピアノ・ハーモニカ)。二人は高校時代の同級生で、埼玉県出身。結成当初は大宮駅前のストリートライブを中心に、都内や北関東で精力的にライブを行っていた。2004年4月にリリースされた2枚目のシングル「青いベンチ」が大ヒットし、インディーズながら、オリコンシングルチャートで8位を獲得する。2009年に惜しまれながらも解散するが、2014年4月15日に「青いベンチ」から10周年を迎え、5年ぶりに再結成を果たした。彼らの温かく素直な音楽は多くの人の心をつかんで離さない。

ファンキー加藤

ファンキー加藤(ふぁんきーかとう、1978年12月18日)日本の男性歌手。東京都出身。2013年6月に惜しまれながら解散した音楽グループFUNKY MONKEY BABYSのボーカル、リーダーを務めていた。解散後、ソロアーティストとしての活動を開始する。2014年2月にソロデビューシングル「My VOICE」をリリース。FUNKY MONKEY BABYSのDNAを受け継ぐかのような力強く温かい歌声で、キャッチーなメロディーに私たちの背中を押してくれるような歌詞を乗せた音楽は広い世代にファンを獲得し続けている。また、ソロデビューを機に自身の可能性を広げるべく、俳優業への挑戦も発表しており、今後の活躍が期待される。

東方神起(TVXQ)

東方神起(とうほうしんき、2003年-)は韓国出身の男性デュオグループ。エイベックス・マネジメント(日本)所属。メンバーは、ユンホ(リーダー・ローパート・ラップ)、チャンミン(ハイパート)。2003年に韓国の芸能事務所・SMエンターテインメントがアカペラ・ダンスという新たなスタイルのボーイズグループを企画し、選抜された現メンバーを含む5人で結成された。翌年には海外進出を本格化させ、本国だけでなく、アジア全体にファンを持つグループとなる。その後、メンバーの脱退による活動休止はあったものの、日本に活動拠点を移し、活動を再開した。結成当時から、日本でも韓流ブームだったこともあり、多くの熱烈なファンを獲得している。

三代目 J SOUL BROTHERS

三代目 J Soul Brothers(さんだいめ・じぇい・そうる・ぶらざーず、2010年‐)は日本のダンス&ボーカルユニット。LDH所属。メンバーは、NAOTO(なおと、パフォーマー・リーダー)、NAOKI(なおき、パフォーマー・リーダー)、ELLY(えりー、パフォーマー)、山下健二郎(やました けんじろう、パフォーマー)、岩田剛典(いわた たかのり、パフォーマー)、今市隆二(いまいち りゅうじ、ボーカル)、登坂広臣(とさか ひろおみ、ボーカル)。2009年に二代目 J Soul Brothersのメンバー全員がEXILEに加入したことにより、新たなメンバーで三代目として結成された。ボーカリスト2名を選出した「VOCAL BATTLE AUDITION2」の課題曲でもあった「Best Friend’s Girl」でデビュー。質の高いパフォーマンスとボーカルのコラボレーションにより、多くのファンを魅了している。

SONAR POCKET

Sonar Pocket(そなーぽけっと、2005年-)は日本の男性三人組音楽ユニット。「ソナポケ」の略称で親しまれている。徳間ジャパンコミュニケーションズ所属。メンバーは、ko-dai(こーだい、ボーカル)、eyeron(あいろん、ボーカル)、matty(まてぃ、DJ)。2005年にko-daiとeyeronの二人で結成、2006年にmattyが加入し、現在の三人体制となる。「いつでもポケットに入れて持ち運べるような身近さを持ちつつも、どこかで常に聴く人の背中を押し、新たな一歩を踏み出す勇気や“今日も一日頑張ろう”と思えるような元気や喜びを与えてあげたい」という思いが込められた彼らの楽曲はラブソングが多く、ラブソングマスターという別名もある。また、ROCK、HIP HOP、REGGAEと異なるルーツを持つ三人によって生み出される明るく楽しいメロディーと身近な恋愛模様を歌う歌詞は若い世代を中心に大きな支持を得ている。

福山 雅治

福山雅治(ふくやま まさはる、1969年2月6日)は日本のシンガーソングライター、俳優、写真家。長崎県出身。アミューズ所属。1988年、映画「ほんの5g」で俳優デビュー。1990年3月にシングル「追憶の雨の中」をリリースし、ミュージシャンとしてもデビューを果たす。その後、5枚目のアルバム「Calling」が初のオリコンアルバムチャート1位を獲得したのをきっかけに、次々とミリオンセラーを記録し、1995年に初のアリーナツアーを開催した。そして、1998年に、後に恒例となる「冬の大感謝祭」を初開催した。その後も俳優業と並行させて、温かくユーモアのある人柄と独特の深く、色気のある歌声で世代を問わず多くの人々を魅了している。2014年には初のドームツアーを日本で行い、初の海外公演を台湾と香港で開催した。この海外公演に先立ち、台湾観光親善大使に任命された。

星野 源

星野源(ほしの げん、1981年1月28日)は日本のミュージシャン、俳優、文筆家。埼玉県出身。ミュージシャンとしてはカクバリズム、Daisyworld DISCSに、俳優としては大人計画事務所に所属している。自身がリーダーを務めているSAKEROCKとしては2003年3月にリリースされたアルバム「YUTA」でデビューし、2010年6月にリリースしたアルバム「ばかのうた」でソロデビューを果たしている。誰もが心の奥底に持っている闇を見据えながらも、それを肯定し、笑い話にする強さを持ったユーモア溢れる人柄と、幅広いジャンルのルーツを持っていることが覗える自由奔放な音楽性から紡がれる彼の音楽は、何に縛られることもなく多くの人々に愛されている。

EXILE

EXILE(えぐざいる、2001年‐)は日本のダンス&ヴォーカルユニット。LDH所属。所属事務所の代表取締役社長も務めるHIROをリーダーとしたパフォーマーとヴォーカル合わせて19人組で構成されている。1999年に現メンバーHIRO、MATSU、USA、MAKIDAI、で前身グループ「J Soul Brothers」を結成し、2001年に現メンバーATSUSHI、元メンバーSHUNが加入したのを機に「EXILE」と改名し、同年9月27日にデビューを果たす。その後、何度もメンバー加入があり、現在のメンバーに至る。また、2009年12月にアルバム「愛すべき未来へ」をリリースした際、「EXILEは、エンターテインメントだからこそできる新しい社会貢献を目指します」と訴え、その直後に発生したハイチ地震や2011年3月に起きた東日本大震災の際にチャリティーソングなどで積極的な支援を行っている。

ゆず

ゆず(1996年‐)は日本の男性フォークデュオ。メンバーは北川 悠仁(きたがわ ゆうじん、ヴォーカル、ギター、タンバリンetc.)、岩沢 厚治(いわさわ こうじ、ヴォーカル、ギター、ハーモニカetc.)。トイズファクトリー所属。二人とも神奈川県横浜市出身だったため、ゆずの初ライブは横浜・伊勢佐木町での路上ライブだった。小学校時代からの知り合いだった二人は高校卒業後に友人2人とバンドを組むも息が合わず、今に至る。最後の路上ライブには7000人以上の人が集まった。名前の由来は二人で一緒にやっていたアルバイト先の食事会で食べた「柚子シャーベット」。

遊助

遊助(ゆうすけ、1979年4月18日)は日本の男性歌手、タレント、俳優である上地雄輔(かみじ ゆうすけ)のアーティスト名。神奈川県出身。イー・コンセプト所属。1999年に俳優としてデビューし、2008年にクイズバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンⅡ」から生まれた男性三人組音楽ユニット「羞恥心」としてシングル「羞恥心」をリリースし、日本レコード大賞特別賞を受賞している。そして、2009年3月11日に自ら作詞したシングル「ひまわり」で念願のソロデビューを果たす。小中高で野球チームに所属していたこともあり、俳優としてはその経験を生かした役柄での出演も多い。

高橋 優

高橋優(たかはし ゆう、1983年12月26日)は日本の男性シンガーソングライター。秋田県出身。ワーナーミュージックジャパン所属。学際時代にストリートライブを行うようになり、大学卒業後に上京。2010年7月にシングル「素晴らしき日々」でメジャーデビューを果たす。“リアルタイムシンガーソングライター”として、「今日思ったことを今日歌う」というキャッチフレーズを掲げる高橋の、音楽にのせることで強く輝く日々の中で私たちが押し殺している言葉を、その独特の渋みと張りのある歌声で奏でる音楽は世代を問わず、聴く人の心を揺さぶる。

w-inds.

w-inds.(ウィンズ、2000年-)は日本の男性ダンス&ボーカルユニット。FLIGHT MASTER所属。メンバーは、千葉涼平(ちば りょうへい、ダンス・コーラス・ラップ)、橘慶太(たちばな けいた、ボーカル・ダンス)、緒方龍一(おがた りゅういち、ダンス・コーラス・ラップ)。2000年11月から毎週日曜日、都内でストリートパフォーマンスを開始。デビュー直前には渋谷・ホコ天に8000人を動員し、2001年3月に満を持してシングル「Forever Memories」でデビュー。同年にリリースされた1stアルバム「w-inds.~1st message~」はオリコンアルバムチャートで見事1位を獲得し、同年の第43回日本レコード大賞最優秀新人賞に輝いた。今や、活躍の場はアジアを中心に世界規模になっており、台湾や香港、韓国、ベトナム、マレーシアなどで様々な賞を受賞している。

GReeeeN

GReeeeN(ぐりーん、2002年‐)は日本の男性4人組のボーカルグループ。メンバーは
HIDE(ひで)、92(くに)、SOH(そう)、navi(なび)。High Speed boys inc.所属。4人とも歯科医と両立して活動しているため、顔を伏せて活動している。また、現在の活動拠点がHIDEとnaviは北海道、92は沖縄、SOHは福島と離れているため、音楽制作のほとんどはインターネット上で行っている。2002年にHIDEの実の兄JINのサポートのもとHIDEとnaviで結成するが、このときは「GReeeN」でeが3つだったが、2004年に92とSOHが加入し、現在の「GReeeeN」となった。

平井 堅

平井堅(ひらい けん、1972年1月17日)は日本の男性シンガーソングライター。大阪府出身。ピンナップス アーティスト所属。大学在学中から音楽活動を行っていた。Sony Music Entertainment Auditionに応募し、入選したのをきっかけに1995年5月にシングル「Precious Junk」でCDデビューする。この楽曲はフジテレビ系TVドラマ「王様のレストラン」の主題歌に起用された。その後、「楽園」や「瞳をとじて」などのヒット曲を生み、その後リリースしたアルバム4作がミリオンセラーを記録した。平井独特の雰囲気と柔らかいハイトーンボイスで幅広い世代にファンを持つ。

AAA

AAA(とりぷるえー、2005年)は日本の男女7人組パフォーマンスグループ。avex trax
所属。メンバーは西島隆弘(にしじま たかひろ)、宇野実彩子(うの みさこ)、浦田直也(うらた なおや)、日高光啓(ひだか みつひろ)、與真司郎(あたえ しんじろう)、末吉秀太(すえよし しゅうた)、伊藤千晃(いとう ちあき)。メンバーはそれぞれ異なる経歴を持ち、映画やドラマ、舞台、モデルとしても活躍しているため、彼らのパフォーマンスは歌とダンスが中心ではあるが、ライブではアクロバットや芝居を披露することもある。また、様々なジャンルのアーティストからの楽曲提供も受けており、パフォーマンスだけでなく、音楽面でも多彩なアーティストである。

SEXY ZONE

Sexy Zone(せくしーぞーん、2011年-)は日本の男性アイドルグループ。ジャニーズ事務所所属。メンバーは、佐藤 勝利(さとう しょうり)、中島 健人(なかじま けんと)、菊池 風磨(きくち ふうま)、松島 聡(まつしま そう)、マリウス 葉(まりうす よう)。2011年9月に帝国劇場で行われた「Kis-My-Ft2 with ジャニーズJr.」にて、結成が発表されデビュー曲「Sexy Zone」を披露した。結成当初はジャニーズ歴代最年少グループとして脚光を浴びた。その後、キレのあるダンスパフォーマンスとあどけなさが残るルックスで多くの女性ファンを獲得してきた。また、多くのタイアップをしており、彼らの活躍は様々なメディアで見ることができる。

アイドリング!!!

アイドリング!!!(2006年-)はフジテレビ系TV番組「アイドリング!!!」から誕生した日本の女性アイドルグループ。ポニーキャニオン所属。現在、23名のメンバーが所属している。2007年7月にシングル「ガンバレ乙女(笑)/friend」でCDデビュー。番組立ち上げ当初のコンセプトは、オーディションによって選出された出演者がライバルとして戦い、勝ったメンバーがCDデビューするというものだったが、1期生として選出された9名の仲が良かったため、アイドルグループとして売り出す方針に変更された。その後もメンバーの加入、卒業を繰り返し、現在に至る。グループのコンセプトは、「普通の少女が本物のアイドルに育っていく様をリアルタイムで目撃しよう!」というものであり、グループ名には「現在進行形で成長するアイドル」という意味が込められている。メンバーにはイメージカラーの他に、イメージフラワーというものもある。バラエティ番組やラジオ、舞台など様々なメディアで活躍している。

中山 優馬

中山優馬(なかやま ゆうま、1994年1月13日)は日本の歌手、タレント、俳優。男性アイドルグループ・NYCのメンバー。大阪府出身。ジャニーズ事務所所属。2008年4月にTVドラマ「バッテリー」で俳優デビュー・初主演を果たす。中山優馬w/B.I.Shadow、NYC boysを経て、2012年10月、初のソロシングル「Missing Piece」をリリースした。その整ったルックスと穏やかな人柄で熱烈な支持を獲得し、様々なメディアで活躍している。

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学(しりつえびすちゅうがく、2009年-)は日本の女性アイドルグループ。スターダストプロモーション所属。「エビ中」の略称で親しまれている。メンバーは、真山りか(まやま りか)、安本彩花(やすもと あやか)、廣田あいか(ひろた あいか)、星名美怜(ほしな みれい)、松野莉奈(まつの りな)、柏木ひなた(かしわぎ ひなた)、小林歌穂(こばやし かほ)、中山莉子(なかやま りこ)の計8名。 ももいろクローバーZの姉妹グループとして結成された。「永遠に中学生」というコンセプトを掲げ、「King of 学芸会」の異名を持つ。2012年5月にシングル「仮契約のシンデレラ」をリリースしデビュー。その1年7か月後の2013年12月にはさいたまスーパーアリーナでコンサートを行い、日本人史上最速でのスーパーアリーナ単独公演を成功させた。

嵐(あらし、1999年‐)は日本の男性アイドルグループ。メンバーは、大野 智(おおの さとし、リーダー)、櫻井 翔(さくらい しょう)、相葉 雅紀(あいば まさき)、二宮 和也(にのみや かずなり)、松本 潤(まつもと じゅん)。ジャニーズ事務所所属。グループ名には「世界中に嵐を巻き起こす」という意味と頭文字の“あ”は五十音でもアルファベットでも一番であり、「頂点に立つ」という意味が込められている。デビュー記者会見はハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船で行ており、メンバーが初めてそろったのはその三日前だった。メンバーの性格の明るさや仲の良さで広い年齢層から愛されている。

μ’S

μ’s(みゅーず)はアニメ・ゲーム雑誌「電撃G’s magazine」、株式会社ランティス、株式会社サンライズの合同プロジェクト、ユーザー参加企画「ラブライブ!」に登場するアイドルグループ。メンバーは、高坂 穂乃果(こうさか ほのか、声優:新田恵海)、絢瀬 絵里(あやせ えり、声優:南條愛乃)、南 ことり(みなみ ことり、声優:内田彩)、園田 海未(そのだ うみ、声優:三森すずこ)、星空 凛(ほしぞら りん、声優:飯田里穂)、西木野 真姫(にしきの まき、声優:Pile)、東條 希(とうじょう のぞみ、声優:楠田亜衣奈)、小泉 花陽(こいずみ はなよ、声優:久保ユリカ)、矢澤 にこ(やざわ にこ、声優:徳井青空)。メンバーが通う女子高校を統廃合から守るため、スクールアイドルとして活動を始めるところからストーリーは始まる。現在では、小説、漫画、アニメなど多数の関連作品が登場しており、絶大な支持を得ている。

Happiness

Happiness(はぴねす、2008年-)は日本の女性パフォーマンスグループ。LDH所属。メンバーは、SAYAKA(さやか)、楓(かえで)、藤井夏恋(ふじい かれん、ボーカル)、MIYUU(みゆう、リーダー)、YURINO(ゆりの)、須田アンナ(すだ あんな)、川本璃(かわもと るり、ボーカル)。2008年10月にダンススクールEXPGから、SAYAKA、MIYUU、楓、藤井夏恋、を中心に結成された。EXILEのライブツアーにサポートメンバーとして参加し、本格的に活動を開始する。YURINOの加入後、2011年2月にシングル「Kiss Me」でメジャーデビューし、同年4月にはE-girlsのメンバーとしても活動を開始する。その後、E-girlsのメンバーであった須田アンナ、川本璃が加入し、現在の体制になる。これからの活躍が期待される実力派グループ。

ジャニーズWEST

ジャニーズWEST(じゃにーずウエスト、2014年-)は日本の男性アイドルグループ。ジャニーズ事務所所属。メンバーは、中間淳太(なかま じゅんた)、濱田崇裕(はまだ たかひろ)、桐山照史(きりやま あきと)、重岡大毅(しげおか だいき)、神山智洋(かみやま ともひろ)、藤井流星(ふじい りゅうせい)、小滝望(こたき のぞむ)。関西ジャニーズJr.出身者で構成するグループとしては関ジャニ∞以来10年ぶりのデビューとなった。2014年4月にシングル「ええじゃないか」でCDデビューし、この楽曲はオリコンシングルチャートで1位を獲得した。これからの活躍が期待される関西を代表する二代目アイドルグループ。

乃木坂46

乃木坂46(のぎざかふぉーてぃーしっくす、2011年-)は日本の女性アイドルグループ。乃木坂46合同会社所属。秋元康のプロデュースのもと、オーディションにより38934人の中から選出された第一期メンバー33名で結成された。現在(2014年6月)、44名が在籍している。「AKB48の公式ライバル」としてグループ名の“46”には「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」を表している。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。

E-Girls

E-girls(いー・がーるず、2011年-)はLDH所属のガールズグループ、Dream、Happiness、Flowerを中心に構成されているパフォーマンスグループ。LDH所属。キャッチコピーは「EXILEのD.N.Aを受け継ぐガールズ・エンターテインメント・プロジェクト」。2011年12月にシングル「Celebration!」でデビュー。リリースのタイミングや楽曲のコンセプトに合わせてメンバーを選出しているため、一作品ごとにメンバーが異なり、多彩なパフォーマンスを作り出している。2014年1月には、EXILEのHIROにより、DreamのAyaがリーダーに任命された。

チームしゃちほこ

チームしゃちほこ(2011年-)は日本の女性アイドルグループ。「ももいろクローバーZ」「私立恵比寿中学」の姉妹グループ。スターダストプロモーション所属。メンバーは、秋元 帆華(あきもと ほのか)、咲良 菜緒(さくら なお)、安藤 ゆず(あんどう ゆず)、大黒 柚姫(おおぐろ ゆずき)、坂本 遥奈(さかもと はるな)、伊藤 千由李(いとう ちゆり)。スターダストプロモーション芸能3部に所属する愛知県名古屋市在住の中学生6人で結成された。独特なダンスパフォーマンスとあどけなさが残る女の子らしい歌声で男女問わない多くのファンを獲得している。

黒崎蘭丸(CV.鈴木達央)

黒崎蘭丸(くろさき らんまる)は2012年5月に発売されたPSPゲーム「うたの☆プリンスさまっ♪Debut」の登場人物。声優は鈴木達央(すずき たつひさ、1983年11月11日)が務めている。ストーリー上の人物像はハングリー精神を持つリアリストである。同ゲームの大ヒットにより、シリーズの新作ゲームに先駆けてリリースされた黒崎蘭丸名義の挿入歌がオリコンシングルデイリーランキングで4位を獲得。音楽シーンでも絶大な支持を得ている。

SKE48

SKE48(えすけーいーふぉーてぃーえいと、2008年-)は日本の女性アイドルグループ。AKS所属。秋元康プロデュースの下、AKB48の全国展開第一弾として結成されたAKB48の姉妹グループ。愛知県名古屋市中区栄を拠点としており、“SKE”は“SAKAE”から来ている。2009年8月にシングル「強き者よ」をリリースし、CDデビュー。AKB48掲げるコンセプト「会いに行けるアイドル」を踏襲する一方、地域貢献をテーマの一つとして掲げており、結成当初から、栄での清掃ボランティア活動や地域のイベントへの参加などローカルアイドルとしても活躍し、人気を集めている。

FLOWER

Flower(ふらわー、2011年-)は日本のダンス・ボーカルユニット。また、ガールズ・エンターテインメント・プロジェクト、E-girlsとしても活動している。LDH所属。メンバーは、藤井萩花(ふじい しゅうか、パフォーマー)、重留真波(しげとめ まなみ、パフォーマー・リーダー)、中島美央(なかじま みお、パフォーマー)、鷲尾伶菜(わしお れいな、ボーカル・パフォーマー)、武藤千春(むとう ちはる、ボーカル・パフォーマー)、市來杏香(いちき きょうか、ボーカル・パフォーマー)、坂東希(ばんどう のぞみ、パフォーマー)、佐藤晴美(さとう はるみ、パフォーマー)の計8名。2011年に約3万人の応募者の中から、オーディションによって選ばれたメンバーを中心に結成。同年10月にはシングル「Still」でデビューする。10代の女子を中心に人気を博し、支持を集めている。切ない歌声と、卓越したダンスパフォーマンスで注目されているガールズグループ。

AKB48

AKB48(えーけーびーふぉーてぃーえいと、2005年‐)は日本の女性アイドルグループ。グループとしてはAKSに所属しているが、個人で異なる事務所に所属しているメンバーもいる。秋元康プロデュースのもと、秋葉原48劇場を拠点に活動している。メンバー数は48人と勘違いされることが多いが、実際には正規メンバー、研究生を合わせて約100人が在籍しており、その数はギネス世界記録に登録されている。デビュー当初は「秋葉原のオタク向けアイドル」というイメージから注目度も低かったが、「会いに行けるアイドル」として人気が急上昇し、2011年から史上初の三年連続「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽部門)受賞を果たしている。

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ(ももいろくろーばーぜっと、2008年‐)は日本の女性アイドルグループです。ももクロの略称で親しまれています。メンバーは、百田 夏菜子(ももた かなこ)、玉井 詩織(たまい しおり)、佐々木 彩夏(ささき あやか)、有安 杏果(ありやす ももか)、高城 れに(たかぎ れに)。スターダストプロモーション所属。グループ名の“ももいろクローバー”は「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味を込めて名付けられた。2011年に早見 あかり(はやみ あかり)が脱退し、ももいろクローバー“Z”として現在も活動している。メンバーは現役学生であるため、「週末ヒロイン」と称して土日を中心に活動している。ライブでは生の歌声で歌いながら激しいパフォーマンスを披露し、厳しい下積み時代を乗り越えてきた彼女たちの一生懸命な姿に男女を問わない多くのファンがいる。

PERFUME

Perfume(ぱふゅーむ、2000年-)は日本の女性三人組テクノポップユニット。アミューズ所属。メンバーはのっち(大本綾乃・おおもと あやの)、かしゆか(樫野有香・かしの ゆか)、あーちゃん(西脇綾香・にしわき あやか)。メンバーは全員広島県出身。2002年3月に「OMAJINAI☆ペロリ」でインディーズデビューし、広島のローカルアイドルとして活動を始めた。結成当時の楽曲は歌謡曲だったが、2003年に上京しサウンドプロデューサーに中田ヤスタカを迎え、テクノポップへと転換した。Perfumeの大きな特徴の一つであるダンスパフォーマンスは近未来的な音楽性を活かしたものになっており、広島時代からメンバーのダンスの指導を担当しているMIKIKOが担当している。近年は世界進出にも力を入れており、台湾や香港、韓国でもライブを行っている。

SUPER☆GiRLS

SUPER☆GiRLS(すーぱーがーるず、2010年-)は日本の女性アイドルグループ。「スパガ」「S☆G」などの略称で親しまれている。エイベックス・マネジメント所属。メンバーは、志村理佳(しむら りか)、渡邉ひかる(わたなべ ひかる)、宮崎里奈(みやざき りな)、勝田梨乃(かつた りの)、荒井玲良(あらい れいら)、田中美麗(たなか みれい)、溝手るか(みぞて るか)、後藤彩(ごとう あや)、前島亜美(まえしま あみ)、渡邉幸愛(わたなべ こうめ)、浅川梨奈(あさかわ りな)、内村莉彩(うちむら りさ)。2010年12月にアルバム「超絶少女」でデビュー。エイベックス初のアイドルグループ結成を目的としたオーディション「avex アイドルオーディション 2010」で7000人の中から選ばれた12名で結成された実力派アイドルグループ。グループのコンセプトは「みんなで育てるアイドル」となっており、ファンの意見や応援が活動の方向性に反映されるシステムを導入している。また、精力的にライブやイベントを日本各地で行っている。

でんぱ組.inc

でんぱ組.inc(でんぱぐみいんく、2008年‐)は日本の女性アイドルグループ。MEME TOKYO所属。東京・秋葉原のライブ&バー「秋葉原ディアステージ」を拠点とし、活発なライブ活動を行っている。メンバーは、相沢梨紗(あいざわ りさ、リーダー)、古川未鈴(ふるかわ みりん)、夢眠ねむ(ゆめみ ねむ)、成瀬瑛美(なるせ えいみ)、最上もが(もがみ もが)、藤崎彩音(ふじさき あやね)。メンバーはもともとアニメ、マンガ、ゲームなどのコアなファンであることが知られている。それを自ら「マイナスからのスタート」と歌い、快進撃を繰り広げている。そんな彼女たちのカラフルでパワフルなパフォーマンスにアイドルファンだけでなく男女問わない多くの人々の注目を集めている。

F CUZ

F.CUZ(フォーカズ、2010年-)は韓国の5人組男性アイドルグループ。TUNES-WILL所属。メンバーは、JINON(じのん、リーダー)、DAEGEON(てごん)、KAN(かん)、RAEHYUN(れひょん)、YEJUN(イエジュン)。グループ名「F.CUZ」は「異なる個性が一つの目標に向かっていく」という意味を込めた“Focus”という単語に由来している。2010年1月にデジタルシングル「Jiggy」で本国デビュー。メンバー脱退、1年5か月の活動休止状態を経て、アイドルグループとしての覚悟を抱え、精力的な活動を本国・韓国、日本で繰り広げている。

BiS

BiS(びす、2010年-)は日本の女性アイドルグループ。つばさプラス所属。メンバーは、プー・ルイ(リーダー)、ヒラノノゾミ、カミヤサキ、テンテンコ、ファーストサマーウイカ、コショージメグミ。2010年にソロ活動を行っていたプー・ルイが活動休止とともに、アイドルグループ結成を発表し、結成。「BiS」というグループ名は「新生アイドル研究会」の英訳「Brand-new idol Society」の略になっている。グループのコンセプトは「アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組」。アイドルというブランドのイメージとのギャップをアイドルらしからぬ過激なパフォーマンスによって作り上げ、話題となる。2014年7月8日に「BiS解散LIVE BiSなりの武道館」というタイトルで横浜アリーナにて行われるライブを持って解散することが発表されている。

チマメ隊

チマメ隊(ちまめたい)はTVアニメ「ご注文はうさぎですか?」の劇中に登場する中学生・香風智乃(かふう ちの、声優:水瀬いのり)、条河麻耶(じょうが まや、声優:徳井青空)、奈津恵(なつ めぐみ、声優:村川梨衣)の三人組。このチーム名は三人の名前の頭文字をとったもの。2014年4月から6月までTOKYO MXにて放送されていた同アニメの第1話から第11話までエンディングテーマに起用されていた「ぽっぴんジャンプ♪」を歌っている。また、「すべてが、かわいい。」という同アニメのキャッチコピーの通り、「かわいい」が詰まった三人組。

Dream5

Dream5(どりーむふぁいぶ、2009年-)は日本のダンス・ボーカルユニット。「ドリ5」の略称で親しまれている。エイベックス・マネジメント所属。メンバーは、重本ことり(しげもと ことり、ボーカル・リーダー)、日比美思(ひび みこと、ボーカル)、大原優乃(おおはら ゆうの、ダンサー)、高野洸(たかの あきら、ダンサー)、玉川桃奈(たまかわ ももな、ダンサー・副リーダー)の5人。NHK教育のテレビ番組「天才てれびくんMAX」が開催した全国オーディションによって結成された。2009年11月に「I don’t obey~僕らのプライド~」でCDデビュー。同番組の影響もあり、小中学生から絶大な人気を得ている。

GEM

GEM(じぇむ、2012年-)は日本の女性アイドルグループ、ダンス&ボーカルグループ。エイベックス・ヴァンガード所属。メンバーはリーダー・金澤有希(かなざわ ゆうき)を含め10名が所属している。グループ名「GEM」には「宝石」という意味に加えて、「Girls Entertainment Mixture(少女たちのエンターテイメント集合体)」の略称でもある。また、グループ名にちなんでメンバーそれぞれに「My GEM」という決められた宝石があり、その宝石の色がメンバーカラーとなっている。2014年1月にメジャーデビューシングル「We’re GEM!」をリリースし、CDデビューを果たす。アーティスト性の強いエンターテイメント集団であるGEMの高いレベルのパフォーマンスは注目を集めている。

ST☆RISH

ST☆RISH(すたーりっしゅ)はテレビアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」の劇中に結成されたユニット。メンバーは、一十木音也(いっとき おとや、声優:寺島拓篤)、聖川真斗(ひじりかわ まさと、声優:鈴村健一)、四ノ宮那月(しのみや なつき、声優:谷山紀章)、一ノ瀬トキヤ(いちのせ ときや、声優:宮野真守)、神宮寺レン(じんぐうじ れん、声優:諏訪部順一)、来栖翔(くるす しょう、声優:下野紘)。ユニット名は一十木のI、聖川のH、四ノ宮のS、トキヤのT、レンのR、翔のSを並べ替えて作られた。アニメと共に熱烈なファンを持ち、彼が歌う「マジLOVE1000%」はシングルでリリースされ、オリコンシングル週間チャートでは7位を獲得した。

BEAST(韓国)

BEAST(びーすと、2009年-)は韓国の男性アイドルグループ。CUBE エンターテイメントに所属。メンバーは、ユン・ドゥジュン(リーダー)、チャン・ヒョンスン、ヨン・ジュンヒョン、ヤン・ヨソプ、イ・ギグァン、ソン・ドンウン。メンバー6人のうち3人はすでに知名度があったため、デビュー前から期待感が高かった。そのため、2009年10月に「BAD GIRL」をリリースして本国韓国でデビューすると、数々のヒット曲を出し、わずかデビュー1年で韓国を代表するアイドルグループとなった。2011年3月には「SHOCK」で日本デビューを果たす。この楽曲はオリコン週間シングルチャートで2位を獲得した。現在、韓国と日本の両国でバラエティやドラマ、CMなどにも活躍の場を広げている。

東京パフォーマンスドール

東京パフォーマンスドール(とうきょうぱふぉーまんすどーる、1990年-1996年、2013年-)は日本の女性ダンスポップ集団。キューブ所属。「TPD」の略称で親しまれている。1990年にノンストップで歌とダンスを繰り広げるライブ「ダンスサミット」を毎週行うガールズグループとして結成された。1993年に日本武道館公演を1994年に横浜アリーナ公演を行うも、フロントメンバーの卒業を受け、1996年に解散した。そして、2013年、新たにオーディションを行い、復活。2014年6月11日に「BRAND NEW STORY」をリリースし、再デビューを果たした。クオリティーの高いパフォーマンスで注目を集めている。

NEWS

NEWS(にゅーす、2003年-)は日本の男性アイドルグループ。ジャニーズ事務所所属。メンバーは、小山慶一郎(こやま けいいちろう、リーダー)、加藤シゲアキ(かとう しげあき)、増田貴久(ますだ たかひさ)、手越祐也(てごし ゆうや)。バレーボールの国際大会「バレーボールワールドカップ2003」のイメージキャラクターとして、ジャニーズJr.の中から選ばれたメンバーで結成された。その根強い人気で主要メンバー脱退という危機を乗り越え、2013年には結成10周年記念ライブを東京ドームで行った。なお、増田と手越は「テゴマス」というユニットとしても活動を行っている。

KAT-TUN

KAT-TUN(かとぅーん、2001年-)は日本の男性アイドルグループ。ジャニーズ事務所所属。メンバーは亀梨和也(かめなし かずや)、田口淳之介(たぐち じゅんのすけ)、上田竜也(うえだ りゅうや)、中丸雄一(なかまる ゆういち)。グループ名はメンバーのイニシャルを繋げた物になっていることは有名である。2010年に赤西仁(あかにし じん)、2013年に田中聖(たなか こうき)の脱退を経て、現在は4人で活動している。Kinki Kidsのメンバー、堂本光一のバックダンサーグループとして結成された。その後、精力的にコンサートを行い、着実にファンを勝ち取っていった。彼らの楽曲にはよくラップが取り入れており、キレのある楽曲も多い。また、メンバーそれぞれが役者としても活躍しており、根強い人気がある。

ClariS

ClariS(くらりす、2009年-)は日本の女性二人組アイドルユニット。SME Records所属。メンバーは現役女子高校生のクララとアリス。クララのイメージカラーはピンクであり、イメージモチーフは月。アリスのイメージカラーはブルーであり、イメージモチーフは太陽になっている。ユニット名の「ClariS」は二人の名前を合わせたものであり、ラテン語で「明るい、清潔、輝かしい」という意味を持つ。二人は同じ音楽スクールのクラスメイトであり、デビュー前はニコニコ動画で「アリス☆クララ」名義で活動していた同人音楽ユニットだった。その活動がアニメプロデューサーの目に留まり、新人ながらも、TVアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のオープニングテーマに抜擢される。2014年5月に3rdアルバム「PARTY TIME」をもってアリスが卒業することが発表された。

ベイビーレイズ

ベイビーレイズ(2012年-)は日本の女性アイドルグループ。れプロエンタテインメント所属。メンバーは、大矢梨華子(おおや りかこ)、傳谷英里香(でんや えりか、リーダー)、林愛夏(はやし まなつ、センター)、高見奈央(たかみ なお)、渡邊璃生(わたなべ りお)。グループ名には、「baby」=“かわいこちゃんたちが”、「raid」=“襲撃する”という意味が込められており、アイドル戦国時代に殴り込みをするべく、同事務所の先輩であるアイドルグループ・アイドリング!!!の菊地亜美の先導のもと結成されたアイドルユニット。そのため、他グループのライブやイベント会場に赴き、ティッシュ・フライヤー配り、ライブ開催の直談判などを行っている。2012年9月にシングル「ベイビーレイズ」をリリースし、CDデビュー。果たして、彼女たちのアイドル業界への襲撃は成功するのか!?

Petit Rabbit’s

Petit Rabbit’s(ぷちらびっつ、2014年-)は2014年4月より6月までTOKYO MXにて放送されたテレビアニメ「ご注文はうさぎですか?」のメイン声優陣で結成されたユニット。メンバーは佐倉綾音(さくら あやね、ココア役)、水瀬いのり(みなせ いのり、チノ役)、種田梨沙(たねだ りさ、リゼ役)、佐藤聡美(さとう さとみ、千夜役)、内田真礼(うちだ まあや、シャロ役)。原作は同タイトルの4コマ漫画であり、アニメは「すべてが、かわいい。」というキャッチコピーの通り、作品の世界観とキャラクターの“かわいさ”で高い人気を得ている。楽曲の歌詞やPVの振り付けにも作中でのキャラクターが全面に反映され、その“かわいさ”でファンを魅了している。

NMB48

NMB48(エヌエムビーフォーティエイト)は日本の女性アイドルグループ。KYORAKU吉本ホールディングス所属。チームN、チームM、チームBⅡ、研究生に属するメンバーによって構成されている。アイドルグループ・AKB48の全国展開として、秋元康プロデュースの下、名古屋のSKE48に続く第二弾に大阪市難波が選ばれ結成された。地方の姉妹グループと同様に地域密着を目指しており、大阪を中心とする近畿地方でイベントやコンサートを行うなど、地域活動に重点を置いている。また、吉本興業系列の事務所に所属しているため、コントや漫才にも力を入れており、「R-1ぐらんぷり」や「キングオブコント」への出場歴を持つメンバーもいる。

DISH//

DISH//(でぃっしゅ、2011年-)は日本の男性ダンスロックバンド。スターダストプロモーション所属。メンバーは、TAKUMI(たくみ、ボーカルギター)、MASAKI(まさき、コーラス・ギター)、RYUJI(りゅうじ、ラップ・ベース)、To-i(とうい、フライングディッシュ・ラップ・DJ)。スターダストプロモーションに所属する男性俳優・タレントで構成された「恵比寿学園男子部」から結成された。2012年6月に「It’s alright!」でデビュー。ギター、ベース、DJを武器に、ライブではグループ名の「ディッシュ(お皿)」から、連想された皿投げサービスをするなど、独特のパフォーマンスを繰り広げている。

修二と章

ジャニーズ事務所による所属グループの枠を超えた期間限定ユニット。テレビドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)での共演をきっかけに、亀梨和也(KAT-TUN)と山下智久(NEWS・当時)によって結成。

KEMU

kemu(けむ)は日本の音楽プロデューサー。VOCALOIDを使用した折地ナウ楽曲を手掛けている。2011年11月にオリジナル楽曲「人生リセットボタン」をニコニコ動画に投稿し、活動をスタート。この楽曲はVOCALOID処女作にして、再生回数10万回を突破し、VOCALOID殿堂入りを果たしている。その後発表した楽曲は全て殿堂入りを果たし、絶大な支持を得ている。疾走感のある旋律が電子とバンドサウンドが入り混じる中を駆け抜けていくような曲調の楽曲が特徴。主に使用しているVOCALOIDはGUMI、鏡音リン・レンである。また、2012年1月には自らが主宰するサークル「KEMU VOXX」を結成した。

164

164(いちろくよん、3月10日)は日本の音楽プロデューサー。山口県出身。2008年9月28日にニコニコ動画に投稿された「shiningray」でボーカロイドプロデューサーとしての活動を開始する。主に、初音ミク、鏡音リンなどのボーカロイドを使用して作曲している。楽曲中のギターは自身の演奏によるもので、高度なテクニックが織り交ぜられている。また、歌い手のルシュカやnekoのアルバムへの楽曲提供やPSPゲーム「最後の約束の物語」の主題歌の作詞編曲を行うなど、自らの音楽活動に加えて様々なアーティストへの楽曲提供を行っている。

ハチ

ハチ(はち、2009年‐)はVOCALOIDを用いて楽曲制作を行っている日本のサウンドプロデューサー。2012年には本名米津玄師(よねづ けんし、19991年3月10日)でシンガーソングライターとしてアルバム「diorama」でソロデビューしている。ユニバーサルシグマ所属。ハチ時代から動画のイラストも自身で手掛けており、独特の世界観を描き出していた。そのため、ソロデビュー後も全曲の作詞、作曲、アレンジ、プログラミング、ボーカル、演奏、ミックス、アートワークを全て一人でこなしているオールマイティーなアーティスト。VOCALOID楽曲では、現代に生きる人々なら誰しもが抱えている“孤独”を根底に持ち、それでもなお、人と繋がることに意味を見出そうとしながらも、皮肉に満ちた歌詞の世界観が絶大な人気を誇る。

れるりり

れるりりはVOCALOIDを使用した楽曲制作を行っている日本の音楽プロデューサー。ハンドルネーム「れるりり」として2009年に「いつもより泣き虫な空」を発表し、デビュー。クリエイター活動を開始する。ギター、ピアノ、ベースを得意としているため、ロックやジャズ、ファンクなど幅広いジャンルのエッセンスを取り入れたサウンドはデビュー当初から高い評価を得ていた。作詞作曲、編曲、ディレクション、プロデュースまで自身で手掛けるマルチクリエイター。

WHITE FLAME

WhiteFlame(ほわいとふれいむ)は、音楽プロデューサーである黒うさPによる、日本の同人音楽サークル。動画サイトでの作品発表が中心であるが、販売される作品はすべてポニーキャニオンのもとで販売されている。主に、初音ミク、巡音ルカ、KAITOなどのVOCALOIDを用いた楽曲制作を行っている。動画サイトへ投稿された楽曲はどれも圧倒的な人気を誇り、屈指のヒットメーカーである。代表作の「千本桜」は2012年のレコチョク「好きなボカロ曲ランキング」で見事、1位に選ばれた。また、2004年にはサウンドノベルゲーム「時流」を、2010年には無料体験版ノベルゲーム「Re:バカは世界を救えるか?」を発表しており、音楽制作以外のシーンでも活躍している。

supercell

supercell(スパーセル、2007年‐)は日本のクリエイター集団。インクストゥエンター所属。コンポーザーのryoを中心にイラストレーター、デザイナーによって構成されたインターネット発のエンターテイメント・ユニットである。2009年3月にアルバム「supercell」でメジャーデビューを果たし、TVアニメやゲームとのタイアップを多く行っている。ボーカルはおらず、音声合成ソフトを使用したり、ゲストボーカルを迎えるなどしている。また、中川翔子などの他のアーティストへの楽曲提供も行っている。ryoの作詞は機会に歌わせることを前提にしているため、余計なためらいがなくストレートに書かれている。

じん

じん(1990年10月20日)は日本の音楽プロデューサー、小説家。北海道出身。1st PLACE株式会社所属。2011年よりニコニコ動画上でボーカロイドプロデューサーとしての活動を始める。キーボーディストの叔父やバンド、作曲家など幅広いジャンルの音楽家から影響を受けており、楽曲の引き込まれてしまうような世界観やどきりとする言葉が織り交ぜられた歌詞のストーリー性で絶大な支持を得ている。また、歌詞のストーリーがリンクした楽曲群「カゲロウプロジェクト」が大ヒットし、自身の楽曲をモチーフにした、小説「カゲロウデイズ-in a daze-」やマンガ「カゲロウデイズ」なども手掛けている。2014年4月には「メカクシティデイズ」という楽曲をモチーフにしたアニメ「メカクシティアクターズ」が放送されるなど、活躍の場を広げている。

みきとP

みきとPは日本の音楽プロデューサー。VOCALOIDを使用したオリジナル楽曲を中心に手掛けている。2010年3月にオリジナル楽曲「こはく」をニコニコ動画に投稿し、活動をスタート。初期の作品は主にボーカロイド・mikiを使用しており、mikiを使用しているプロデューサーとして高い評価を得ている。ロックからポップスまで様々な曲調の楽曲を発表し、代表曲「いーあるふぁんくらぶ」でミリオン再生を達成するなど、大きな人気を獲得している。また、楽曲提供やボーカリストとしての活動もしており、活躍の場を広げている。

Neru

Neru(ねる)は日本のVOCALOIDを使用したオリジナル楽曲を手掛けている音楽プロデューサー。主に使用しているVOCALOIDは鏡音リン・レン。2009年11月にニコニコ動画に「風音クロニクル」を投稿し、VOCALOIDプロデューサーとしての活動を開始。この楽曲は初投稿ながら日刊VOCALOIDランキングにピックアップされた。その後、一度引退を表明するも、2010年11月に「人間失格」で活動を再開。再開後二作目となる「アブストラクト・ナンセンス」がわずか1週間で殿堂入りを果たした。その後も、殿堂入りやVOCALOIDランキング1位を獲得する楽曲を発表しており、高い人気を得ている。