女性アーティストの歌詞や曲情報

こちらは女性アーティストの一覧ページです。女性アーティストの歌詞や楽曲情報をお探しの方はこちらからご覧ください。

平野 綾

平野綾(ひらの あや、1987年10月8日)は日本の声優、女性歌手。愛知県出身。Grick所属。2001年にテレビアニメ「天使のしっぽ」のサルのモモ役で声優デビュー。大ヒットしたテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の主役・涼宮ハルヒ役が初アニメ初主演となる。
2007年にはその活躍が評価され、第一回声優アワードにて新人女優賞、第六回東京アニメアワードにて声優賞を受賞している。2006年3月にシングル「Breakthrough」で歌手デビューを果たした。出演したアニメの役名義のシングルも多くリリースされている。

秋元 順子

秋元順子(あきもと じゅんこ、1947年6月21日)は日本の女性歌手。東京都出身。キングレコード所属。高校卒業後、仕事の傍らハワイアンバンドで活動を行っていたが、結婚を機に音楽活動から離れる。子育てから手が離れた頃、再びバンド仲間に声をかけられ音楽活動を再開する。2004年4月に「マディソン郡の恋」でインディーズデビュー。発売後からその伸びやかで深い歌声が評判となり、2005年7月にメジャーデビューを果たす。ルーツはハワイアンバンドであるが、シャンソンやラテン、ポップス、民謡など、彼女のジャンルを問わない自由なスタイルも魅力の一つ。

AI

AI(あい、1981年11月2日)は日本のシンガーソングライター。アメリカ生まれ、鹿児島県育ち。ユニバーサルミュージック所属。2000年11月にシングル「Cry, just Cry」でメジャーデビュー。ゴスペルをルーツに持つ彼女の音楽はブラックミュージックからPOPSまでバラエティにとんだテイストが盛り込まれている。「みんながアガる音楽」をコンセプトに掲げる彼女は、フレンドリーな人柄やソウルフルな歌声によって多くの人を巻き込んでいくパワーがあり、今や日本からアジアへ、アジアから世界へと活動を展開している。「夢はグラミー賞」。

May’n/中島愛

May’n(めいん、1989年10月21日)は日本の女性歌手。愛知県出身。FlyingDog所属。旧芸名・中林芽衣の名で2005年6月にシングル「Crazy Crazy Crazy」でデビュー。
中島愛(なかじま めぐみ、1989年6月5日)は日本の声優、女性歌手。茨城県出身。スターダスト音楽出版所属。2009年1月にリリースされたシングル「天使になりたい」で歌手としてデビュー。
2008年に放送されたテレビアニメ「マクロスF」にて、May’nはシェリル・ノームの歌パート役として、中島愛はランカ・リー役として出演し、「マクロスF」18話目からオープニングテーマ「ライオン」でそれぞれの劇中の役としてデュエットを果たしている。

アンジェラ・アキ

アンジェラ・アキ(あんじぇら・あき、1977年9月15日)は日本の女性シンガーソングライター。徳島県出身。エピックレコード所属。2005年9月にシングル「HOME」でデビュー。日本人の父とイタリア系アメリカ人の母を持つ。3歳からピアノを始め、15歳の時にハワイへ渡り、大学時代までをアメリカの地で過ごす。2006年12月には日本武道館史上初のピアノ弾き語りライブを行う。世代を超えて愛される歌声と、メッセージ性の強い歌詞を力強くも優しいピアノに乗せて奏でる彼女の音楽は、同世代の女性を中心に多くの人を魅了している。

きゃりーぱみゅぱみゅ

きゃりーぱみゅぱみゅ(1993年1月29日)は日本の女性歌手、ファッションモデル。東京都出身。アソビシステム所属。アーティストとしては2011年8月17日に中田ヤスタカプロデュースのもと、ミニアルバム「もしもし原宿」をリリースし、メジャーデビューする。モデルとしては2009年秋にファッション雑誌「KERA」のストリートスナップに登場し、読者モデルとして本格的に活動を始め、2012年にはORICON STYLEが発表した「好きな読者モデル」ランキングで1位にランクインしている。明るく、自由奔放な彼女は個性的なライブパフォーマンスや衣装を通して、原宿発信の「KAWAII」を日本の新しい代表的カルチャーとして最前線で世界に発信している。

浜崎 あゆみ

浜崎あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日)は日本の女性歌手、モデル。福岡県出身。エイベックス・マネジメント所属。1993年にTVドラマ「ツインズ教師」で女優としてデビュー。その後、グラビアアイドルやAYUMI名義の音楽活動を経て、1998年4月にシングル「poker face」をリリースし、浜崎あゆみとして歌手デビューを果たす。1999年1月にリリースした1stアルバムがオリコンアルバムチャートで1位を獲得したのを皮切りに、次々と楽曲が大ヒットし、同年の「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たす。その類い稀な女性歌手としてのカリスマ性は一気に花開き、2001年から三年連続で日本レコード大賞の大賞に輝いている。また、ファッションシーンでもそのカリスマ性を発揮しており、ベストジーニスト一般選出部門、ネイルクィーンにおいて殿堂入りを果たしている。

木村 カエラ

木村カエラ(きむら かえら、1984年10月24日)は日本のシンガーソングライター、ファッションモデル。東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。学生時代はファッション雑誌などのモデルの仕事をしながら、バンド活動を行っていた。2004年6月にシングル「Level 42」でメジャーデビュー。2005年3月にリリースされた3枚目のシングル「リルラ リルハ」がソフトバンクモバイルのテレビCMソングに起用され、瞬く間にその名が広まった。また、ライブ活動を精力的に行っており、ワンマンツアーのみならずフェスやイベントにも積極的に参加している。カラフルでポップな彼女のキャラクターイメージと優しさと活発さを兼ね備えたその歌声は、ジャンルの壁を越えて多くの人々に愛されている。2014年にデビュー10周年を迎えた。

絢香

綾香(あやか、1987年12月18日)は日本の女性シンガーソングライター。大阪府出身。A stAtion所属。2006年2月に「I believe」でデビュー。この楽曲はTBS開局50周年記念テレビドラマ「輪舞曲」の主題歌に採用され、オリコンシングルチャートで初登場3位を獲得する。また、同年9月にリリースされたシングル「三日月」で第58回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。伸びのある柔らかな歌声は、同世代の女性を中心に多くの支持を得ている。

倖田 來未

倖田來未(こうだ くみ、1982年11月13日)は日本の女性歌手。京都府出身。エイベックス・マネジメント所属。2000年11月に日本に先駆けてアメリカでシングル「TAKE BACK」を「KODA」名義でリリースし、全米で先行デビューを果たす。その後、12月6日に同局で日本でもデビュー。彼女自身も友情出演している映画「キューティーハニー」の主題歌「キューティーハニー」のカバー曲でヒットし、曲に合わせたセクシーな衣装で各メディアに出演していたため、彼女の「エロかっこいい」スタイルが話題になる。日本レコード大賞や日本ゴールドディスク大賞で数多くの賞を受賞している他、ネイルクィーン「アーティスト部門賞」での殿堂入り、日本ジュエリーベストドレッサー賞2007「20代部門賞」受賞など、ファッションアイコンとしても活躍している。

miwa

miwa(みわ、1990年6月15日)は日本の女性シンガーソングライター。神奈川県出身。Sony Records所属。2010年3月にシングル「don’t cry anymore」をリリースし、メジャーデビュー。この楽曲はフジテレビ系ドラマ「泣かないと決めた日」の主題歌に起用され、第64回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でドラマソング賞を受賞した。彼女の飾らない素直な歌詞と柔らかくも強い意志が宿る歌声は若い世代を中心に人気を集めている。ライブでは、ほとんどの楽曲をギターで演奏しているが、2歳からピアノを習っていたこともあり、ピアノで演奏する姿も披露している。

石川 さゆり

石川さゆり(いしかわさゆり、1958年1月30日)は日本の演歌歌手。熊本県出身。テイチクエンタテイメント所属。1973年3月に「かくれんぼ」で歌手としてデビュー。当初、アイドルとしてデビューしたものの、大きな人気を得るには至らなかった。しかし、1977年1月にリリースした「津軽海峡・冬景色」が大ヒットすると、日本レコード大賞歌唱賞を受賞し、その後も数々の名曲を発表。彼女は一躍、日本を代表する演歌歌手となった。また、「津軽海峡・冬景色」のヒットを経て初出場を果たしたNHK紅白歌合戦には、2013年の第64回まで30回連続出場をしていることからも、彼女が長年愛され続けていることがうかがえる。

LiSA

LiSA(りさ、1987年6月24日)は日本の女性歌手。岐阜県出身。アニプレックス所属。2010年春より放送されたTVアニメ「Angel beats!」に登場するバンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカリスト・ユイの歌唱パートに抜擢される。同バンド名義でリリースされたシングル・アルバムは全てオリコンランキング上位に入り、人気を集めた2011年4月にミニアルバム「Letters to U」をリリースし、ソロデビュー。2014年1月に日本武道館で行われた単独ライブのチケットは日程が年始であるにもかかわらず、あっという間にソールドアウトするなど、勢いのある力強い彼女の歌声は多くの人を魅了している。

西野 カナ

西野カナ(にしの かな、1989年3月18日)は日本の女性歌手。三重県出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。2008年2月にシングル「I」でメジャーデビュー。小学5年生の時にグアムで、高校1年生の時にロサンゼルスでホームステイの経験を持ち、ロサンゼルスからの帰国後は、洋楽に傾倒し、その影響はカップリング曲やアルバム曲の英語詞を多く取り入れたクラブ系やR&B系の楽曲にうかがえる。シングル曲では自身や友人の経験談をもとに書かれるリアルな恋愛観を綴った歌詞が女性ファンを中心に人気を集めている。また、ファッション誌の表紙を飾るなど、ファッションアイコンとしても支持を集めている。

Superfly(内国)

Superfly(すーぱーふらい、2004年‐)は日本の女性ソロユニット。タイスケ所属。ボーカルの越智志帆(おち しほ)とギターの多保孝一(たぼ こういち)による、音楽ユニットとしてデビューしたが、2007年に多保がコンポーザー、アレンジャーの仕事に専念するため、越智のソロユニットとなった。ユニット名は多保が高校時代にテレビで見て衝撃を受けたカーティス・メイフィールドの「Superfly」に由来している。大学で知り合った多保の影響でロックやブルースをルーツに持つ越智はライブでは、パワフルで深みのあるボーカル以外にギターやピアノ、ブルースハープなども演奏するオールマイティーな一面を持つ。2008年にリリースした「愛をこめて花束を」を中心に、J-popシーンに独自のスタイルで挑戦し続ける彼らの音楽は幅広い年代の人々に愛されている。

椎名 林檎

椎名林檎(しいな りんご、1978年11月25日)は日本の女性シンガーソングライター。福岡県出身。ユニバーサルミュージック/EMI Records Japan所属。1998年5月27日シングル「幸福論」でデビュー。学生時代には20以上ものバンドを掛け持ちして活動していたことからも彼女の表現者としての計り知れないパワーが覗える。2007年には初の音楽監督を務めた映画「さくらん」が日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。また、2004年から2012年まで活動していた東京事変ではボーカルを務め、多くのファンを魅了してきた。彼女が作り出す自由でドラマチックな音楽と彼女の唯一無二の魅力的な歌声は若い世代を中心に多くの人に愛されている。

大塚 愛

大塚愛(おおつか あい、1982年9月9日)は日本の女性シンガーソングライター。また、バンドグループ・Rabbit(らびっと、2012年-)のボーカル。大阪出身。avex trax所属。2003年9月に「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。長年ピアノのレッスンを受けていたこともあり、15歳から作詞作曲を始め、デビュー前にすでに60曲以上のオリジナル曲があった。彼女の女性らしい優しく、可愛らしい歌声は女性を中心に多くの人に愛されている。自身のCDの特典用に絵本を書き下ろしたり、CDジャケットのイラストを手掛けるなど、イラストレーターとしても活動している。

aiko

aiko(あいこ、1975年11月22日)は日本の女性シンガーソングライター。大阪出身。ポニーキャニオン所属。デビュー以前にはFM Osakaの「COUNTDOWN KANSAI TOP40」のパーソナリティーを経て、3つのラジオ番組のパーソナリティーを務めながら、数々の音楽コンテストに出場していた。その音楽活動がポニーキャニオンの音楽プロデューサーの目に留まり、メジャーデビューの話が進む。1998年7月にデビューシングル「あした」は映画「新生トイレの花子さん」の主題歌に起用され、話題となる。翌年、1999年には3rdシングル「花火」が長期にわたりオリコンランキングにチャートインし、全国区にその名が広まるきっかけとなる。その後、キャッチーなメロディーと女性らしいストーリー性のある歌詞が若い世代の心を掴み、日本のポップスシンガーのスタンダード的な存在として、圧倒的な支持を得ている。

藤宮 香織

藤宮香織(ふじみや かおり、声優:雨宮天)はTVアニメ「一瞬間フレンズ。」の作中のヒロイン。同アニメのエンディングテーマとして、スキマスイッチが2004年にリリースした「奏」をカヴァーしている。同アニメは、主人公・長谷祐樹(はせ ゆうき)と小学校時代の事件が原因で、1週間しか友人との記憶を留めておくことができなくなってしまったクラスメイト・藤宮香織の心の交流と交差する二人の温かくも切ない想いを描いた学園ストーリー。声優・雨宮天の等身大で優しい歌声はストーリーに深みを与え、作中の藤宮香織のキャラクターもより豊かなものにしている。

スフィア

スフィア(すふぃあ、2009年-)は日本の女性声優4人によるユニット。GloryHeaven所属。メンバーは寿美菜子(ことぶき みなこ)、高垣彩陽(たかがき あやひ)、戸松遥(とまつ はるか)、豊崎愛生(とよさき あき)。4人とも2005年から2006年に開催された「ミュージックレイン スーパー声優オーディション」の合格メンバーであり、最終審査では高垣と戸松が、寿と豊崎が同組であった。その後、ミュージックレインgirlsとして4人でライヴを行い、2009年に正式にユニットとして結成された。同年、4月にシングル「Future Stream」をリリースし、CDデビュー。声優として活躍する一方で、歌手としても人気を集める話題の4人組。

中島 みゆき

中島みゆき(なかじま みゆき、1952年2月23日)は日本のシンガーソングライター。北海道出身。ヤマハミュージックアーティスト所属。1975年9月にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。デビュー前から精力的な音楽活動を行っており、早くから地元では多くのファンを獲得していた。また、デビュー当初から、様々なコンテストでグランプリを獲得し、翌年には歌手の研ナオコに提供した楽曲が大ヒットした事により、ミュージシャンとしての地位を確固たるものにした。オリコンシングルチャートにおいて、4つの年代にわたって1位を獲得した唯一のソロアーティストである。また、他のアーティストへの提供曲も5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得していることから、彼女のシンガーソングライターとしての計り知れない器の大きさがうかがえる。現在も根強い支持を受ける日本歌謡界の大御所アーティストである。

宇多田 ヒカル

宇多田ヒカル(うただ ひかる、1983年1月19日)は日本の女性シンガーソングライター。アメリカ合衆国・ニューヨーク州出身。EMI Records Japan所属。1998年12月にシングル「Automatic/time will tell」でデビュー。デビュー以前にU³(父:宇多田照實、母:藤圭子とのファミリーユニット)名義などでシングル、アルバムをすでにリリースしている。アメリカでのソロデビューが決まっていたが、東京のスタジオでレコーディングしていた時に、日本の音楽プロデューサーの熱心な説得により、「宇多田ヒカル」としてデビューすることを決意した。ポロモーションはラジオ出演のみだったにもかかわらず、2ミリオンを記録する。その後も日本だけでなく世界に活躍の場を持ち、絶大な支持を得ている。楽曲はほぼ全ての作詞・作曲・編曲を行っている。様々なジャンルのアーティストをルーツに持っており、宇多田自身もR&Bからポップス、バラードなど幅広いジャンルの楽曲を手掛けている。

やなぎなぎ

やなぎなぎ(1987年5月31日)は日本の女性シンガーソングライター。関西出身。インクストゥエンター所属。中学の頃から作曲を始める。2006年からウェブサイト「プレイヤーズ王国」にてアマチュアの音楽活動を開始し、「ガゼル」という名義で動画サイト「ニコニコ動画」にも動画を投稿している。2008年には動画サイトでの活動を引退し、「nagi」という名義でクリエーター集団・supercellのゲストボーカルを務めた。2012年2月にシングル「ビードロ模様」をリリースし、ソロデビューを果たす。声域の広い柔らかく、澄んだ歌声で多彩な音楽活動を行っている。

高橋 洋子

高橋 洋子(たかはし ようこ、1966年8月28日)は日本の女性歌手。東京都出身。アトミックモンキー所属。1991年「P.S.I miss you」でソロ歌手としてメジャーデビュー。この2か月前にシングル「おかえり」をリリースしているが、「P.S.I miss you」を「本格的なソロ・デビュー」としている。広い声域を活かした、時に激しく、時に伸びのある優しい歌声で様々なジャンルで活躍している。松任谷由実や今井美樹などのコーラスを務めたこともある。

岩崎 良美

岩崎良美(いわさき よしみ、1961年6月15日)は日本の女性歌手。東京都出身。ノックアウト所属。1980年2月に「赤と黒」で歌手デビュー。デビュー当初は、当時のアイドル歌手全盛期の中では珍しかった洋楽志向の音楽性を活かした楽曲が多かったが、第6回日本テレビ音楽祭最優秀新人賞、日本レコード大賞新人賞を受賞するなど、着実に歌手としての地位を築いていった。代表曲となっているアニメ「タッチ」のオープニングテーマ「タッチ」はそれまでとは大きく路線を変えた作品になっており、彼女の伸びのある歌声とアニメの人気も相まって大ヒットした。また、彼女は女優としても活動しており、舞台やテレビドラマ、ラジオなど様々なメディアで活躍している。

夏川 りみ

夏川 りみ(なつかわ りみ、1973年10月9日)は日本の女性歌手。沖縄県出身。ポニーキャニオン所属。1999年5月にシングル「夕映えにゆれて」でデビュー。幼い頃から歌が好きだった彼女は、9歳の時に出場した石垣ケーブルテレビ主催「第1回ちびっこのど自慢大会」で優勝すると、全国の音楽大会で数々の賞を受賞するようになる。1986年中学1年生にして第10回「長崎歌謡祭」に出場し、史上最年少でグランプリを獲得し、1989年に星美里の名で演歌歌手としてデビュー。しかしヒットに恵まれず、1996年に引退する。1999年に夏川りみとして再デビューすると、2001年3月にリリースした3rdシングル「涙そうそう」が大ヒットし、一躍有名となった。幼い頃から鍛えられた、力強く美しい伸びが特徴の彼女の声はオリジナル曲、カバー曲問わず、リスナーの心を掴んで離さない。

フェアリーズ

フェアリーズ(2011年-)は日本の女性ダンスボーカルグループ。ヴィジョンファクトリー所属。メンバーは、井上理香子(いのうえ りかこ)、野元空(のもと そら)、伊藤萌々香(いとう ももか)、林田真尋(はやしだ まひろ)、藤田みりあ(ふじた みりあ)、下村実生(しもむら みき)、清村川音(きよむら かわね)。2011年9月にシングル「More Kiss/Song for You」をリリースし、デビュー。グループのコンセプト「海外でも勝負していける、世界に通用する実力派グループ」の通り、中学生ながらも、高いパフォーマンス力で話題となり、同年12月に行われた「第53回日本レコード大賞」では最優秀新人賞をメンバー平均年齢13.6歳で受賞した。

YUI

YUI(ゆい、1987年3月26日)は日本の女性シンガーソングライター。福岡県出身。スターダストプロモーション所属。2005年2月23日にシングル「feel my soul」でメジャーデビュー。この曲は、フジテレビ系ドラマ「不機嫌なジーン」の主題歌に起用された。2006年6月に公開された松竹系映画「タイヨウのうた」に主演として出演した経験もある。真っ直ぐな独特の歌声でパンチのあるポップな曲から女性らしい優しい歌詞の曲まで奏でる彼女の人気は強く、同世代を中心に幅広い世代に絶大な支持を得ている。2012年にYUIとしての活動を休止し、現在はロックバンド「FLOWER FLOWER」のギターボーカル、「yui」として活動している。

Aimer

Aimer(えめ、2011年-)は日本の女性シンガーソングライター。プロフィールは非公開。FOURseam所属。幼少期より両親の影響で音楽に親しみピアノやギターでの音楽活動を早くから行っていた。15歳の頃、のどの酷使により突如声が出なくなるも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を取り戻す。その後、彼女の歌声が密かに話題となり、2011年より、音楽制作プロダクションagehaspringsの下で本格的に音楽活動を始める。同年9月にはシングル「六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR」をリリースし、メジャーデビューを果たす。その後も様々なアーティストからの評価を得て、多くのタイアップ曲も手掛けている。

水森 かおり

水森かおり(みずもり かおり、1973年8月31日)は日本の演歌歌手。東京都出身。徳間ジャパンコミュニケーションズ所属。1995年9月にシングル「おしろい花」でデビュー。2003年には「鳥取砂丘」が大ヒットし、同年の「NHK紅白歌合戦」初出場から10年連続出場を果たした。彼女の楽曲は特定の地域や場所を歌うものが多く、タイトルもその地域や場所の名前を取り入れたものが多いことから、「ご当地ソングの女王」という異名もある。そのため、彼女の元には、地元を歌ってほしいという依頼が後を絶たない。また、各地の観光大使などにも任命されて取り、日本全国に愛され続けている。

安室 奈美恵

安室奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日)は日本の女性歌手、ダンサー。沖縄県出身。Dimension Point所属。1995年4月にシングル「太陽のSEASON」をリリースし、ソロデビュー。さらに、同年10月にリリースした1stアルバムはミリオンセラーを記録し、12月にリリースしたシングル「Chase the Chance」でもミリオンセラーを記録した。また、この年の「NHK紅白歌合戦」に当時女性ソロシンガー最年少で出場している。10代のソロシンガーとして多くの記録を塗り替えてきた彼女は、この頃から、若者のファッションリーダーとしても頭角を現し、10代のカリスマとなる。その後も精力的な活動を続け、2009年12月にリリースした9枚目のアルバム「PAST < FUTURE」はアジア5か国・地域でアルバムチャートの首位を記録し、日本人女性アーティスト史上初の快挙を成し遂げた。2012年にはデビュー20周年を迎え、今や、日本を代表する女性シンガーとして、海外からも注目されている。

一青 窈

一青窈(ひととよう、1976年9月20日)は日本の女性歌手。音楽活動の傍ら、作詞家、俳優としても活動している。東京都出身。株式会社 大家所属。2002年にシングル「もらい泣き」でデビュー。なお、このシングルで2003年に日本有線大賞最優秀新人賞、ベストヒット歌謡祭最優秀新人賞を受賞している。台湾人の父と日本人の母の間に生まれ、幼少期を台北で過ごした。そのため、日本語、英語、中国語を話せるトライリンガルである。彼女の深く優しい歌声は日本だけでなく、もう一つの故郷台湾でも愛されている。

AKINO

AKINO(あきの、1989年12月31日)は日本の女性歌手。アメリカ生まれの沖縄育ち。川満アート・テイメント所属。実の4人兄妹で構成されたコーラス・ダンスグループ、bless4のメンバー。2005年4月にテレビ東京系アニメ「創聖のアクエリオン」の主題歌「創聖のアクエリオン」でソロデビュー。柔らかなハイトーンヴォイスで歌い上げられたこの楽曲で、2009年度「JASRAC賞」銀賞を受賞している。Bless4ではファッションデザイン、衣装制作を担当しており、ファンの注目を集めている。

中島 美嘉

中島美嘉(なかしま みか、1983年2月19日)は日本の女優、女性歌手。鹿児島県出身。ソニーミュージックアソシエイテッドレコーズ所属。2001年にフジテレビ系テレビドラマ「傷だらけのラブソング」のヒロインに抜擢され女優デビューを果たし、また、このドラマの主題歌「STARS」を11月にリリースして歌手デビューを果たす。発売後1か月経たずにミリオンセラーを記録した2003年11月リリースの2ndアルバム「LØVE」は、韓国でもリリースされ、大ヒットした。彼女の透き通った深みのある歌声は女性を中心に多くの人を魅了している。

鈴木 このみ

鈴木このみ(すずき このみ、1996年11月5日)は日本の女性歌手。大阪府出身。メディアファクトリー所属。2011年に開催された「アニマックス第5回全日本アニソングランプリ」において、当時若干14歳にもかかわらず、優勝。2012年4月にはシングル「CHOIR JAIL」でデビューを果たした。また、この楽曲はTVアニメ「黄昏乙女×アムネジア」のオープニングテーマに起用された。パワフルで聴く人を思わず笑顔にしてしまうような明るい歌声と、キレのあるダンスパフォーマンスが特徴のアニソンシンガー。

喜多村 英梨

WING所属。幼い頃は、子役として活動していた経験もある。2003年にポニーキャニオン主催の「VSオーディション2003」に参加し、グランプリを獲得すると、同年TVアニメ「LAST EXILE」のタチアナ・ヴィスラ役で声優デビューを果たす。翌年、2004年には自身も出演したTVアニメ「マーメイドメロディ ぴちぴちピッチ ピュア」のオープニングテーマ「Before the Moment」で歌手デビューを果たした。その後、キャラクター名義、本人名義だけではなく、ARTERY VEINという声優ユニットとしても音楽活動を行っており、その活躍は多岐にわたる。