男性アーティストの歌詞や曲情報

こちらは男性アーティストの一覧ページです。男性アーティストの歌詞や楽曲をお探しの方はこちらからご覧ください。

LINKED HORIZON

Linked Horizon(りんくとほらいずん、2012年‐)は日本のサウンドクリエーターRevoのプロジェクト名。ポニーキャニオン所属。作詞・作曲・編曲・ボーカルの全てを手掛けるRevoがニンテンドー3DS用ゲーム「ブレイブリーデフォルト」の音楽担当にオファーされたことを契機に、多作品とのコラボレーションで音楽活動をするために発足した。プロジェクト名には「外の世界と繋がる」という意味が込められている。Revoは2004年に「Sound Horizon」として「Elysion~楽園への前奏曲~」でメジャーデビューしている。2013年にアニメ「進撃の巨人」のOP主題歌「自由への進撃」が日本レコード協会のゴールドディスクに認定され、第64回NHK紅白歌合戦に初出場を果たしている。

Hilcrhyme

Hilcrhyme(ひるくらいむ、2004年-)は日本の男性ラップ・ユニット。UNIVERSAL J所属。メンバーは、TOC(とく)、DJ KATSU(かつ)。2009年7月にシングル「純也と真菜実」でメジャーデビュー。2ndシングル「春夏秋冬」はオリコンデイリーランキングで1位を獲得している。Hilcrhymeの音楽はピアノやストリングスも織り交ぜた柔らかなサウンドに二人のラップが生み出すビート感が重なって生み出されている。また、ライブでは、ダンスユニット・THUG-HOMEYとCLOPのメンバー6人が加わり、ライブを盛り上げている。2011年から、Hilcrhyme
CREWとして正式なライブメンバーとなり、TOCとDJ KATSUだけではできない音楽表現を実現させている。

ナオト・インティライミ

ナオト・インティライミ(1979年8月15日)は日本の男性シンガーソングライター。千葉県出身。ユニバーサルシグマ所属。“ナオト”は本名であり、“インティ”は太陽を、“ライミ”は祭りを意味するケチュア語である。2001年に“なおと”名義で大学在学中に「Growing up!!」でメジャーデビューする。2003年から2004年にかけて「世界一蹴の旅」に出た後、2005年から現在の“ナオト・インティライミ”名義での活動をスタートさせる。2010年4月にナオト・インティライミとしては最初のシングル「カーニバる?」をリリースする。世界中の音楽を吸収した彼が生み出す音楽はジャンルという壁に縛られることのない自由なリズムとサウンドが鳴っており、聴く人を笑顔にするような力がある。

KG

KG(ケージー、2004年-)は日本のシンガーソングライター・Kohによるソロプロジェクト。ユーズミュージック所属。15歳からアメリカへ留学し、カリフォルニアの音楽大学へ進学するも、日本での音楽活動を決意し、帰国。2004年にキーボーディストと出会いKGを結成、2007年からソロプロジェクトとして活動する。アメリカ留学時代に出会ったブラックミュージックに大きな影響を受け、自身も、R&Bスタイルのシンガーとなった。本場のブラックミュージックを吸収した彼の温かでソウルフルな歌声が彼の大きな魅力である。

尾崎 豊

尾崎豊(おざき ゆたか、1965年11月29日-1992年4月25日、満26歳没)は日本の男性シンガーソングライター。東京都出身。ソニーミュージックレコーズ所属。1983年12月1日にアルバム「十七歳の地図」、シングル「15の夜」を同時リリースし満を持してデビュー。日本のポピュラーミュージックに大きな影響を及ぼした尾崎は、1980年代から1990年代初頭にかけて、若者を中心に絶大な支持を得ていた。彼の世の中に対する世代的批評を詩的に綴った歌詞と衝動的で圧倒的なライブパフォーマンスは、今なお多くの人々の記憶の中に焼き付き、彼の唯一無二のカリスマ性を物語っている。

BOYFRIEND

BOYFRIEND(ぼーいふれんど、2011年-)は韓国の男性歌手グループ。スターシップエンターテインメント所属。メンバーは、ドンヒョン(リーダー)、ヒョンソン、ジョンミン、ヨンミン、クァンミン、ミヌ。2011年5月にシングル「BOYFRIEND」で本国韓国デビュー。2012年8月にシングル「Be my shine ~君を離さない~」で日本デビュー。その柔らかく甘い歌声で多くの女性ファンを獲得している。また、楽曲にはラップ調のリズム、歌詞も取り入れられており、メリハリのある楽曲が多い。

EXILE SHOKICHI

EXILE SHOKICHI(エグザイル・しょうきち、1985年10月3日)は日本の歌手、パフォーマー。LDH所属。EXILE、THE SECOND from EXILEのボーカル兼パフォーマーとしても活動している。2014年6月にシングル「BACK TO THE FUTURE」でソロデビューを果たす。2012年1月にリリースされたEXILEのアルバム「EXILE JAPAN」収録曲「Everlasting Song」で初の作詞作曲を担当している。THE SECOND from EXILEでは楽曲制作も自ら行っている。また、2012年10月に放送された日本テレビ系ドラマ「シュガーレス」で俳優デビューも果たし、翌年、2013年にはドラマ「フレネミー-どぶねずみの街-」で初の主演を果たしている。

和田 光司

和田光司(わだ こうじ、1974年1月29日)は日本の男性歌手。京都府出身。SOLID VOX所属。1999年4月23日にフジテレビ系アニメ「デジモンアドベンチャー」の主題歌に起用されたシングル「Butter-Fly」でメジャーデビュー。このデビュー曲で大ヒットし、以降もアニメ・デジモンシリーズの主題歌を数多く手掛けている。この楽曲は発売から10年以上が経過し現在でも根強い人気があり、和田自身だけでなく、アニメソング代表する楽曲となっている。病気による2度の活動休止を乗り越え、「歌える時に歌う」というスタンスで現在も活動している。

福田 こうへい

福田こうへい(ふくだ こうへい、1976年9月21日)は日本の演歌歌手。岩手県出身。キングレコード所属。2012年10月にシングル「南部蝉しぐれ」でCDデビュー。この楽曲はオリコン演歌チャートで1位を獲得した。それを受けて、福田は2013年の第55回日本レコード大賞で新人賞を受賞、年末の第64回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。民謡歌手である父の影響で23歳から民謡を習い始め、2012年6月に第25回日本民謡フェスティバルでグランプリを受賞。それを機に数々のコンクールに出場し優勝を勝ち取る。着実にキャリアを積んできた福田は、今、その歌唱力を遺憾なく発揮し、多くの支持を得ている。

ケツメイシ

ケツメイシ(1993年-)は日本の4人組音楽グループ。avex trax所属。メンバーは、Ryo(りょう、MC)、Ryoji(りょうじ、ボーカル)、大蔵(だいぞう、MC・リーダー)、DJ KOHNO(ディージェー こうの、DJ)。RYOが大学の仲間と結成し、1996年から現在のメンバーで活動を始める。2001年4月に「ファミリア」でメジャーデビュー。2005年2月にリリースしたシングル「さくら」がオリコンシングルチャートで初の1位を獲得した。ヒップホップとレゲエを下敷きにラブバラードからパーティーチューンまで独特に視点から歌い上げる彼らのスタイルは、世代を問わず多くのファンを魅了している。

スキマスイッチ

スキマスイッチ(すきますいっち、1999年‐)は日本の男性ソングライターユニット。オフィスオーガスタ所属。メンバーは、大橋卓也(おおはし たくや、ボーカル・ギター・ハーモニカ)、常田真太郎(ときた しんたろう、鍵盤・コーラスetc.)。2人とも愛知県出身。一人で曲を書き溜めていた大橋が常田にアレンジとレコーディングを依頼したのが結成のきっかけとなる。すべての楽曲をセルフアレンジ&セルフプロデュースで行っており、作詞・作曲も二人の共同制作となっている。言葉を重要視する彼らの楽曲は柔らかなバラードから落ち着きの中に遊び心を感じるポップなものまで幅広い。また、大橋はソロアーティストとしても活動しており、ゲストボーカルやコーラスなどで他のアーティストとのコラボも果たしている。常田は多くのアーティストのアレンジ・プロデュースを行っている。

コブクロ

コブクロ(1998年-)は日本の男性デュオ。ワーナーミュージックジャパン所属。メンバーは、黒田俊介(くろだ しゅんすけ、ボーカル)、小渕健太郎(こぶち けんたろう、ギター・ボーカル)の二人。グループ名は、二人の名字から二文字ずつ取り、合体させた、いたっていシンプルなものである。セールスマンをしていた小渕が息抜きに毎週土曜日の夜に地元、堺の商店街で路上ライブを始めると、その場所で2、3年前から路上ライブを行っていた黒田に出会った。二人は意気投合し、今に至る。その彼らのオリジナル曲はインディーズ時代から約40曲あった。路上ライブを経て鍛えられた、確かな歌唱力と記憶のどこかにある美しい情景を思い起こさせるような老若男女の心に響く歌詞は多くの人を魅了している。

湘南乃風

湘南乃風(しょうなんのかぜ、2000年‐)は日本の男性四人組のアーティスト。トイズファクトリー所属。メンバーはRED RICE(れっどらいす、リーダー)、若旦那(わかだんな)、SHOCK EYE(しょっくあい)、HUN-KUN(はんくん)。4人全員がDJを務めている。2000~2003年、自らのレーベル134RECORDINGSを立ち上げ、4本のオリジナルミックステープを携えた全国ツアーを行う。RED RICEとHUN-KUNの二人で活動していたところにSHOCK EYEと若旦那との出会いを経て、2003年に「湘南乃風」としてアルバム「湘南乃風~Real Riders~」でメジャーデビューを果たす。デビュー当初の楽曲はレゲエを全面的に出したものだったが、次第にレゲエにとどまらず、ポップな楽曲なども多く手掛けるようになる。喜怒哀楽をエネルギッシュに歌う彼らのイメージと夏を連想させる楽曲がヒットしているせいか、夏の代名詞的存在となっている。

サスケ

サスケ(さすけ、2000年‐2009年、2014年‐)は日本の男性デュオ。メンバーは奥山裕次(おくやま ゆうじ、ボーカル・ギター・ピアニカ)、北清水雄太(きたしみず ゆうた、ボーカル・ギター・ピアノ・ハーモニカ)。二人は高校時代の同級生で、埼玉県出身。結成当初は大宮駅前のストリートライブを中心に、都内や北関東で精力的にライブを行っていた。2004年4月にリリースされた2枚目のシングル「青いベンチ」が大ヒットし、インディーズながら、オリコンシングルチャートで8位を獲得する。2009年に惜しまれながらも解散するが、2014年4月15日に「青いベンチ」から10周年を迎え、5年ぶりに再結成を果たした。彼らの温かく素直な音楽は多くの人の心をつかんで離さない。

ファンキー加藤

ファンキー加藤(ふぁんきーかとう、1978年12月18日)日本の男性歌手。東京都出身。2013年6月に惜しまれながら解散した音楽グループFUNKY MONKEY BABYSのボーカル、リーダーを務めていた。解散後、ソロアーティストとしての活動を開始する。2014年2月にソロデビューシングル「My VOICE」をリリース。FUNKY MONKEY BABYSのDNAを受け継ぐかのような力強く温かい歌声で、キャッチーなメロディーに私たちの背中を押してくれるような歌詞を乗せた音楽は広い世代にファンを獲得し続けている。また、ソロデビューを機に自身の可能性を広げるべく、俳優業への挑戦も発表しており、今後の活躍が期待される。

東方神起(TVXQ)

東方神起(とうほうしんき、2003年-)は韓国出身の男性デュオグループ。エイベックス・マネジメント(日本)所属。メンバーは、ユンホ(リーダー・ローパート・ラップ)、チャンミン(ハイパート)。2003年に韓国の芸能事務所・SMエンターテインメントがアカペラ・ダンスという新たなスタイルのボーイズグループを企画し、選抜された現メンバーを含む5人で結成された。翌年には海外進出を本格化させ、本国だけでなく、アジア全体にファンを持つグループとなる。その後、メンバーの脱退による活動休止はあったものの、日本に活動拠点を移し、活動を再開した。結成当時から、日本でも韓流ブームだったこともあり、多くの熱烈なファンを獲得している。

三代目 J SOUL BROTHERS

三代目 J Soul Brothers(さんだいめ・じぇい・そうる・ぶらざーず、2010年‐)は日本のダンス&ボーカルユニット。LDH所属。メンバーは、NAOTO(なおと、パフォーマー・リーダー)、NAOKI(なおき、パフォーマー・リーダー)、ELLY(えりー、パフォーマー)、山下健二郎(やました けんじろう、パフォーマー)、岩田剛典(いわた たかのり、パフォーマー)、今市隆二(いまいち りゅうじ、ボーカル)、登坂広臣(とさか ひろおみ、ボーカル)。2009年に二代目 J Soul Brothersのメンバー全員がEXILEに加入したことにより、新たなメンバーで三代目として結成された。ボーカリスト2名を選出した「VOCAL BATTLE AUDITION2」の課題曲でもあった「Best Friend’s Girl」でデビュー。質の高いパフォーマンスとボーカルのコラボレーションにより、多くのファンを魅了している。

SONAR POCKET

Sonar Pocket(そなーぽけっと、2005年-)は日本の男性三人組音楽ユニット。「ソナポケ」の略称で親しまれている。徳間ジャパンコミュニケーションズ所属。メンバーは、ko-dai(こーだい、ボーカル)、eyeron(あいろん、ボーカル)、matty(まてぃ、DJ)。2005年にko-daiとeyeronの二人で結成、2006年にmattyが加入し、現在の三人体制となる。「いつでもポケットに入れて持ち運べるような身近さを持ちつつも、どこかで常に聴く人の背中を押し、新たな一歩を踏み出す勇気や“今日も一日頑張ろう”と思えるような元気や喜びを与えてあげたい」という思いが込められた彼らの楽曲はラブソングが多く、ラブソングマスターという別名もある。また、ROCK、HIP HOP、REGGAEと異なるルーツを持つ三人によって生み出される明るく楽しいメロディーと身近な恋愛模様を歌う歌詞は若い世代を中心に大きな支持を得ている。

福山 雅治

福山雅治(ふくやま まさはる、1969年2月6日)は日本のシンガーソングライター、俳優、写真家。長崎県出身。アミューズ所属。1988年、映画「ほんの5g」で俳優デビュー。1990年3月にシングル「追憶の雨の中」をリリースし、ミュージシャンとしてもデビューを果たす。その後、5枚目のアルバム「Calling」が初のオリコンアルバムチャート1位を獲得したのをきっかけに、次々とミリオンセラーを記録し、1995年に初のアリーナツアーを開催した。そして、1998年に、後に恒例となる「冬の大感謝祭」を初開催した。その後も俳優業と並行させて、温かくユーモアのある人柄と独特の深く、色気のある歌声で世代を問わず多くの人々を魅了している。2014年には初のドームツアーを日本で行い、初の海外公演を台湾と香港で開催した。この海外公演に先立ち、台湾観光親善大使に任命された。

星野 源

星野源(ほしの げん、1981年1月28日)は日本のミュージシャン、俳優、文筆家。埼玉県出身。ミュージシャンとしてはカクバリズム、Daisyworld DISCSに、俳優としては大人計画事務所に所属している。自身がリーダーを務めているSAKEROCKとしては2003年3月にリリースされたアルバム「YUTA」でデビューし、2010年6月にリリースしたアルバム「ばかのうた」でソロデビューを果たしている。誰もが心の奥底に持っている闇を見据えながらも、それを肯定し、笑い話にする強さを持ったユーモア溢れる人柄と、幅広いジャンルのルーツを持っていることが覗える自由奔放な音楽性から紡がれる彼の音楽は、何に縛られることもなく多くの人々に愛されている。

EXILE

EXILE(えぐざいる、2001年‐)は日本のダンス&ヴォーカルユニット。LDH所属。所属事務所の代表取締役社長も務めるHIROをリーダーとしたパフォーマーとヴォーカル合わせて19人組で構成されている。1999年に現メンバーHIRO、MATSU、USA、MAKIDAI、で前身グループ「J Soul Brothers」を結成し、2001年に現メンバーATSUSHI、元メンバーSHUNが加入したのを機に「EXILE」と改名し、同年9月27日にデビューを果たす。その後、何度もメンバー加入があり、現在のメンバーに至る。また、2009年12月にアルバム「愛すべき未来へ」をリリースした際、「EXILEは、エンターテインメントだからこそできる新しい社会貢献を目指します」と訴え、その直後に発生したハイチ地震や2011年3月に起きた東日本大震災の際にチャリティーソングなどで積極的な支援を行っている。

ゆず

ゆず(1996年‐)は日本の男性フォークデュオ。メンバーは北川 悠仁(きたがわ ゆうじん、ヴォーカル、ギター、タンバリンetc.)、岩沢 厚治(いわさわ こうじ、ヴォーカル、ギター、ハーモニカetc.)。トイズファクトリー所属。二人とも神奈川県横浜市出身だったため、ゆずの初ライブは横浜・伊勢佐木町での路上ライブだった。小学校時代からの知り合いだった二人は高校卒業後に友人2人とバンドを組むも息が合わず、今に至る。最後の路上ライブには7000人以上の人が集まった。名前の由来は二人で一緒にやっていたアルバイト先の食事会で食べた「柚子シャーベット」。

遊助

遊助(ゆうすけ、1979年4月18日)は日本の男性歌手、タレント、俳優である上地雄輔(かみじ ゆうすけ)のアーティスト名。神奈川県出身。イー・コンセプト所属。1999年に俳優としてデビューし、2008年にクイズバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンⅡ」から生まれた男性三人組音楽ユニット「羞恥心」としてシングル「羞恥心」をリリースし、日本レコード大賞特別賞を受賞している。そして、2009年3月11日に自ら作詞したシングル「ひまわり」で念願のソロデビューを果たす。小中高で野球チームに所属していたこともあり、俳優としてはその経験を生かした役柄での出演も多い。

高橋 優

高橋優(たかはし ゆう、1983年12月26日)は日本の男性シンガーソングライター。秋田県出身。ワーナーミュージックジャパン所属。学際時代にストリートライブを行うようになり、大学卒業後に上京。2010年7月にシングル「素晴らしき日々」でメジャーデビューを果たす。“リアルタイムシンガーソングライター”として、「今日思ったことを今日歌う」というキャッチフレーズを掲げる高橋の、音楽にのせることで強く輝く日々の中で私たちが押し殺している言葉を、その独特の渋みと張りのある歌声で奏でる音楽は世代を問わず、聴く人の心を揺さぶる。

w-inds.

w-inds.(ウィンズ、2000年-)は日本の男性ダンス&ボーカルユニット。FLIGHT MASTER所属。メンバーは、千葉涼平(ちば りょうへい、ダンス・コーラス・ラップ)、橘慶太(たちばな けいた、ボーカル・ダンス)、緒方龍一(おがた りゅういち、ダンス・コーラス・ラップ)。2000年11月から毎週日曜日、都内でストリートパフォーマンスを開始。デビュー直前には渋谷・ホコ天に8000人を動員し、2001年3月に満を持してシングル「Forever Memories」でデビュー。同年にリリースされた1stアルバム「w-inds.~1st message~」はオリコンアルバムチャートで見事1位を獲得し、同年の第43回日本レコード大賞最優秀新人賞に輝いた。今や、活躍の場はアジアを中心に世界規模になっており、台湾や香港、韓国、ベトナム、マレーシアなどで様々な賞を受賞している。

GReeeeN

GReeeeN(ぐりーん、2002年‐)は日本の男性4人組のボーカルグループ。メンバーは
HIDE(ひで)、92(くに)、SOH(そう)、navi(なび)。High Speed boys inc.所属。4人とも歯科医と両立して活動しているため、顔を伏せて活動している。また、現在の活動拠点がHIDEとnaviは北海道、92は沖縄、SOHは福島と離れているため、音楽制作のほとんどはインターネット上で行っている。2002年にHIDEの実の兄JINのサポートのもとHIDEとnaviで結成するが、このときは「GReeeN」でeが3つだったが、2004年に92とSOHが加入し、現在の「GReeeeN」となった。

平井 堅

平井堅(ひらい けん、1972年1月17日)は日本の男性シンガーソングライター。大阪府出身。ピンナップス アーティスト所属。大学在学中から音楽活動を行っていた。Sony Music Entertainment Auditionに応募し、入選したのをきっかけに1995年5月にシングル「Precious Junk」でCDデビューする。この楽曲はフジテレビ系TVドラマ「王様のレストラン」の主題歌に起用された。その後、「楽園」や「瞳をとじて」などのヒット曲を生み、その後リリースしたアルバム4作がミリオンセラーを記録した。平井独特の雰囲気と柔らかいハイトーンボイスで幅広い世代にファンを持つ。