空も飛べるはず / スピッツ

「空も飛べるはず / スピッツ」の歌詞や楽曲情報です。この曲には「J-POP」などのジャンルがつけられています。ココオトでは「空も飛べるはず / スピッツ」の他にもあなたにおすすめの曲を歌詞や楽曲情報を探すことができます。

「空も飛べるはず」はスピッツの通算8作目のシングルとして 1994年4月25日に発売されました。

 

大ヒットとなった「ロビンソン」を発表する前の楽曲であったため知名度もあまりなく発売当初は売れていませんでしたが、翌年の「ロビンソン」のヒットや1996年に大人気となったドラマ「白線流し」の主題歌として起用されたことでリバイバルしヒット曲となりました。このドラマの起用にあわせCDは新たにプレスされ、2年越しでチャートに上昇、スピッツ初のシングル週間1位を獲得しています。

 

当初は違うドラマタイアップの話を受け草野が書き下ろしたものでしたが、偶然にもこういった形での起用となりました。ラブソングであり、入学おめでとう記念シングルでもあると語っており、「新たな一歩を踏み出そうって若人たちに聴いてほしいかな」と草野は当時コメントしています。ドラマの主人公たちが卒業を迎える最終回では、同名の話タイトルがつけられています。また、ドラマの影響もあり、今では卒業時に歌われることもあるようです。

空も飛べるはずの歌詞

あなたのお気に入りの曲をシェアしよう!