蕾 / コブクロ

「蕾 / コブクロ」の歌詞や楽曲情報です。この曲には「J-POP」などのジャンルがつけられています。ココオトでは「蕾 / コブクロ」の他にもあなたにおすすめの曲を歌詞や楽曲情報を探すことができます。

「蕾」はコブクロの14作目のシングルで、2007年3月21日に発売されました。

 

リリー・フランキー原作のドラマ『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、シングルでは初のオリコンチャート1位を獲得し、オリコン年間シングルチャートでも3位を記録するなど大ヒット曲となりました。また、同年の日本レコード大賞も受賞し、これは男性フォークデュオとして初の快挙となりました。

 

小渕はタイトルについて、カタカナやひらがななどいろいろ考えたが「蕾」という一文字じゃないと収まりが悪くなるくらいこの文字が好きになってしまい、周りからは読めないのではなどの意見を言われたと語っています。歌詞については小渕自身18歳のときに母親を亡くしており、母親に贈る歌として書かれています。可能性を信じ、夢を追う自分の姿と、母親の大きな愛情や包み込んでくれる存在がリンクしているそうです。レコード大賞受賞時には、母親がきっと一緒にこの賞を受け取ってくれてると思うとコメントしています。

蕾(つぼみ)の歌詞

あなたのお気に入りの曲をシェアしよう!