ヘビーローテーション / AKB48

「ヘビーローテーション / AKB48」の歌詞や楽曲情報です。この曲には「J-POP」などのジャンルがつけられています。ココオトでは「ヘビーローテーション / AKB48」の他にもあなたにおすすめの曲を歌詞や楽曲情報を探すことができます。

「ヘビーローテーション」は、2010年8月18日に発売されたAKB48のメジャー17枚目のシングルです。

AKB48 17thシングル選抜総選挙で初の1位となった大島優子がセンターを務めています。
イントロの大島の「1、2、3、4!」の掛け声は最初の段階ではありませんでしたが、大島の明るいイメージを出したいと言うプロデューサーの秋元康の案から急遽付け足されました。

ジャケット写真とPVは蜷川実花が監督しており、カラフルでポップな世界観が表現されています。ですが、メンバーがランジェリー姿ではしゃぐ映像は一部で物議を醸し出しました。

最近になってよく見られるようになった下着のCMの日本人女性の起用はこのPVがきっかけだとも言われています。

オリコン年間カラオケチャートでは2011年度、2012年度と2年連続で首位となり、今でも必ず上位に入っておりカラオケには欠かせない曲となっています。
この曲はAKB48の代表曲のひとつとなり、今でもメドレーなどではよくテレビでも披露されています。

リスナーの口コミ

秋元康さんの作曲、AKB48では一番認知度の高いヘビーローテーション、今もなおカラオケでのリクエストが絶えません。

この曲のMVを最初に見た時は、篠田麻里子とか大島優子、高橋みなみなどが初々しい感じですし、女の子同士がkissしたり、可愛らしい場面の連続です。

大島優子さんがセンターとして代表曲かなと思います。イントロの部分では、大島優子さんが空手家みたいに足を上げたり、いきなりしゃがみ混んでまた立ち上がったり、激しいダンスが展開しております。

だけどAKBのお笑いパフォーマンス大好きな私としては、むしろこういう大きい動きこそ真似する価値があります。

近づいていくと言う手の動きは、アリがだんだん遠くから近くへ登ってくる動きも指と腕でやります。地味にわかりやすくて笑えてしまいます。

この曲は、AKBの数ある曲でも何度でもリクエストしたくなる不思議な曲です。驚かした過去もあり23歳の女性とカラオケに行った時にこの曲をいきなり自分が入れて笑わせました。

ヘビーローテーションの歌詞

あなたのお気に入りの曲をシェアしよう!