栄光の架橋 / ゆず

「栄光の架橋 / ゆず」の歌詞や楽曲情報です。この曲には「J-POP」などのジャンルがつけられています。ココオトでは「栄光の架橋 / ゆず」の他にもあなたにおすすめの曲を歌詞や楽曲情報を探すことができます。

「栄光の架橋」は、2004年7月22日に発売されたゆずの21枚目のシングルです。

作詞作曲は北川悠仁が手掛けています。NHKアテネオリンピックの公式テーマソングとしてのオファーを受けて制作した当曲ですが、当初あまりにも大きなテーマにプレッシャーで2ヶ月何も書けなかったとインタビューで明かしています。

静かなAメロ・Bメロからサビで盛り上がる感動的なメロディーでオリンピックを盛り上げました。今でも同じような場面のBGMに使用されるなど長い人気を得ています。

また同局のアナウンサーが体操男子団体の金メダルを獲得した際に同タイトルを交えた「新月面が描く放物線は、栄光への架橋だ!」と実況をしたことでその言葉が流行語大賞にノミネートされ、話題となりました。

また、現在Youtubeでの首相官邸チャンネルにて公開されている2020年東京五輪決定の動画のBGMとして起用されています。

シングルコレクションアルバム「YUZU YOU」には、新たにレコーディングされた当曲のシンフォニックオーケストラバージョンが収録されています。

リスナーの口コミ

2004年7月22日に発売されました。
オリンピック中継のテーマソングでした。
この曲を聴くと体操の日本代表や平泳ぎの北島康介選手が優勝した時のことを思い出します。
発売から10年以上の時がたっても栄光の架橋が流れるとスポーツの名シーンが走馬灯のように思い浮かびます。
この曲のプロモーションビデオは熊谷市で撮影されました。

栄光の架橋の歌詞

あなたのお気に入りの曲をシェアしよう!